トップページ > 「三浦市民」(広報紙)最新号とバックナンバー > テキスト版「三浦市民」 > 三浦市民平成25年3月号概要テキスト版

ここから本文です。

更新日:2019年6月12日

三浦市民平成25年3月号概要テキスト版

ページ 内容
表紙 横浜FCのサッカー実技指導

2~5ページ

特集 三浦ならではの地域医療を目指して~市立病院の取り組み~

6ページ 東日本大震災から2年を迎えて、消防指令センターの運用を開始します、津波警報が変わります
7ページ 保育料改定のお知らせ、老人福祉保健センターの利用料改定のお知らせ、献血のお知らせ

8ページ

ごみのお知らせ

9ページ

土曜日・日曜日の市役所開庁のお知らせ、水道料金のお支払は口座振替で

10ページ 三浦市自転車等駐車場をご利用の皆さんへ、市内放射線量等、各種無料相談
11~14ページ 募集・お知らせ・福祉のひろば
15ページ 健康ぷらっと
16ページ 市民特派員リポート、図書館だより
17ページ 三浦市立病院

 

 

 

============================

三浦市民 平成25年3月号(688号)

============================

 

============================

市の人口 46,842 人(世帯数: 17,834世帯)※2月1日現在(平成22年国勢調査結果に基づく推計人口)

============================

 

 ============================

表紙

============================

Jリーグ横浜FC のコーチ・選手による小学生を対象としたサッカーの実技指導が2 月1日~ 14 日の間に市内8小学校で行われました。これは、横浜FC の地域貢献事業の一環として平成15 年度から行われているもので、NPO 法人みうら映画舎・三浦商工会議所青年部の支援を受け実施されています。授業の時間に行われるこのような指導は全国的にも珍しい取り組みということです。

写真は2月12 日( 火) の名向小学校での指導風景です。

この日は、初声小・初声中出身の横浜FC スタッフの佐久間陽介さん(27) が指導に参加。「一生懸命やることの楽しさ、大切さを学んでほしい。横浜FC も好きになってくれれば」と話していました。

4 年生で普段からサッカーをしている宮田尚弥君は、「先生はすごかった。いつもと練習メニューが違っていて楽しかった」と笑顔でした。

 

 

 ============================

特集 三浦ならではの地域医療を目指して

~市立病院の取り組み~

============================

市立病院は、三浦市唯一の総合病院として、三浦ならではの地域医療を目指して様々な改革に取り組んでいます。

リハビリテーション科の大幅な拡充、高齢者医療と介護の連携強化、院内感染情報の共有・評価システムの構築など、その取り組みは院内にとどまらず、地域全体の医療環境の向上に寄与しようとするものです。今回の特集では、そんな市立病院の取り組みの一部を紹介します。

 

取組1   リハビリテーション科の大幅な拡充

退院後の生活をより良いものにするために

●リハビリテーションの役割

リハビリテーションとは、病気やけがなどによって生じた障害に対して、その障害が元の状態に戻るような訓練を行うことだと考える方が多くいらっしゃると思います。しかし、障害を元通りに戻すことだけではなく、障害を持った人が障害を持ったままでもより良い生活を送ることができるようにお手伝いすることも、リハビリテーションの重要な役割です。

市立病院では、より良い生活を送るためには、「何ができなくなってしまったのか」、「またできるようになるためには、どんなことが必要か」を患者さんそれぞれに対して評価します。そして、患者さんやご家族の「こんなことがしたい」という希望を最大限に叶えるべく、患者さん一人ひとりに合った、いわばオーダーメイドの訓練内容を考え、一緒に練習していきます。

 

●理学療法士、作業療法士の専門性

患者さんやご家族の希望を叶えるためには、リハビリテーションの中でも、理学療法士と作業療法士それぞれの専門性を活かした訓練内容を考える必要があります。

理学療法士とは、「動作」の専門家といえます。寝返り、起き上がり、歩くといった日常生活の基本となる動作の改善を目指します。

作業療法士とは、「活動」の専門家といえます。理学療法士が基本動作に対して治療を進めていくのに対して、作業療法士は手芸や工作、家事動作等のより高度な作業を通して治療を進めていきます。

 

●地域に密着したリハビリテーション科へ~スタッフを大幅に増員~

患者さんの生活は入院中だけでなく退院したあとも長く続いていくものです。そのため、退院に向けて実際に患者さんと一緒にご自宅へ行き、住環境整備や福祉用具の検討なども行い、不便なく生活を送っていただけるようお手伝いをします。

当院リハビリテーション科は昨年10月からスタッフが増え、一人ひとりの患者さんに一番合ったリハビリテーションを提供できる環境が整ってきています。また、今年4月からは理学療法士13人、作業療法士3人の計16人となる予定であり、リハビリテーション科は新しく生まれ変わります(平成24年9月時点では理学療法士3人(うち非常勤が1人)でした)。

それぞれの専門性や、様々な得意分野を持ったスタッフが揃います。リハビリテーション科内の連携はもちろん、医師や看護師、その他病院スタッフと密に連携を図り、三浦市立病院でしかできないリハビリテーションを提供していきます。一緒に頑張りましょう!一緒に頑張りましょう!

============================

取組2   喜ばれる病院給食を目指して

市立病院では、一人ひとりの機能や、し好に合わせた食事を提供し、食べる喜びを感じてもらえるよう日々努力しています。今回は、その取り組みの一部を紹介したいと思います。

日本には四季があり、それぞれの季節に旬の食材があります。また、一年を通して様々な行事がありますので、その時期にあった食事を提供し、入院中でも季節を感じてもらえるように工夫しています。

トウガンなど、新鮮な野菜の産地である三浦の特色を三浦産の食材をふんだんに使用した「地産地消の日」を設け、三浦ならではの病院給食を提供しています。ちなみに、1月は三浦大根を使用したブリ大根をつくりました。

それ以外にも、昨年5月から常食・全粥食を召し上がっている方に限りますが、週に1回「セレクト食」としておかずを選択できる選択食を取り入れ、患者さんには好評いただいています。

おいしい食事の提供はもちろんですが、「食事も治療の一環」であるため、病態、摂取栄養量、検査値、身体計測などから栄養状態の評価を行って、患者さん個々に適した栄養補給ができるように工夫をしています。また、糖尿病や心臓病をはじめとする生活習慣病や、腎臓・肝臓疾患、手術を受けられた患者さんなどに対して、治療上あるいは退院後の生活に必要な栄養指導も行っています。病気を克服するには食生活の改善は欠かせません。患者さんやご家族が安心して食事に対して向き合ってもらえるよう、少しでもお手伝いできればという思いで、日々取り組んでいます。

============================

取組3   地域の介護施設との連携も         「地域医療科」

地域医療科では、介護が必要な高齢者の方の退院支援、訪問診療や訪問看護などの在宅医療の提供を行っています。今後、高齢者人口の急速な増加、独居者・老々世帯の増加に伴い、現在のシステムでは地域の高齢者の方々を支えきれないという事態が起こりかねません。これを解決していくために、国が「社会保障と税の一体改革」の中で打ち出しているのが「地域包括ケアシステム」の確立です。

「三浦ならでは」の地域包括ケアシステムの確立のために、三浦市立病院が中心となって地域の医療・介護連携の課題を調査し、解決につなげる取り組みが進められています。

平成 24年度は、市内の診療所における 24時間在宅医療体制の確保、市立病院と市内訪問看護ステーションや市内特別養護老人ホームとの連携上の課題について調査を行いました。平成 25年度はさらに介護分野にも拡げて、取り組みを進めていきたいと考えています。

 

●地域医療科ではこんなことをしています

・介護保険などの制度やサービス利用の説明

・当院ご入院中の方の退院へ向けてのご相談

・在宅医療のご相談(訪問診療・訪問看護)

・リンパ浮腫外来のご相談(リンパ浮腫(むくみ)が起こってしまった患者さんを対象にむくみを軽減させるケアを行いながら、患者さん自身が浮腫に関して理解していただき、安心してセルフケアが続けられるようお手伝いしています。)

============================

取組4   地域を含めた幅広い感染管理を目指して 「三浦市立病院ICT

市立病院には「三浦市立病院 ICT(アイ・シー・ティー)」という、感染防止対策を行うチームがあります。「ICT」とは、Infection Control Team(インフェクション・コントロール・チーム)のことで、「感染対策チーム」を意味しており、病院全体の感染管理活動の中心的役割を担い、実践活動を行っています。

この活動は幅広く多岐にわたるため、医師・薬剤師・検査技師・看護師の多職種でチームを組んで、各職種の特性を活かしながら協力して活動しています。実際の主な活動内容は次のとおりです。

  • 1感染管理組織の構築: 院内の感染管理活動の組織を構築して、病院全体で感染対策に取り組んでいます。
  • 2サーベイランス: 感染発生状況を調査・分析・評価して、改善活動に取り組んでいます。
  • 3感染管理教育: 病院職員に対して、感染防止対策に関する知識や技術の指導を行っています。
  • 4感染防止技術: 感染防止対策手順を文章化し、統一した方法で実践に取り組めるように努めています。
  • 5職業感染管理: 病院で働く職員の感染症予防と健康管理を行っています。
  • 6感染管理相談: 病院職員および地域の医療施設・福祉施設等の感染対策に関する相談内容に対して、早期に問題解決できるように努めています。
  • 7ファシリティ・マネジメント 

 

また、昨年11 月から院内の職員向けに「ICT ニュース」を作成・発行し、安全で正しい感染対策が実施できるように情報発信しています。今後は、病院に来られる方々にもご覧いただけるようにと、作成準備をしています。

今年度から、横須賀共済病院、衣笠病院など地域の医療機関との連携を図り、相互の染対策向上を目指して、それぞれの施設の状況について情報を交換したり、互いの感染対策の評価を行ったり、院外へと活動の場も広がりつつあります。今後は、さらに地域を含めた感染管理を実施し、さらに市民の方々にもっと貢献できるように活動していきたいと思っています。

============================

非常勤職員を募集しています!

私たちといっしょに地域医療を担ってみませんか

I 看護師

 1 応募資格 看護師資格取得者

 2 募集人員 若干名

 3 勤務条件

  • (1)勤務日および勤務時間は応相談(夜勤可能な方を求めています。)
  • (2)社会保険・雇用保険 加入可
  • (3)時給 1,520円

 4 業務内容 病棟または外来の看護業務

 5 試験 面接試験(三浦市立病院にて実施)

II 社会福祉士

 1 応募資格 社会福祉士資格取得者(平成25 年に実施される国家試験により資格を取得する見込みの者を含む。)

 2 募集人数 1人

 3 採用時期 4月16日以降

 4 勤務条件

  • (1)休日 土曜日、日曜日および国民の祝日に関する法律に規定する休日
  • (2)勤務時間 8時30分~ 16時30分            原則週5日勤務(応相談)
  • (3)時給 1,560円
  • (4)社会保険・雇用保険 法定どおり加入

 5 業務内容 地域医療科において医療ソーシャルワーカーとしての相談および連携業務

 6 試験 面接試験(三浦市立病院にて実施)

III 看護助手

 1 募集人数 若干名

 2 勤務条件

  • (1)勤務形態 ① 8時30分~ 17時

② 16 時30 分~ 25 時

③ 24 時30 分~ 9 時

         ※週4日・勤務時間応相談

  (2) 時給 900 円

  (3) 社会保険・雇用保険 法定どおり加入

 3 業務内容 病棟、外来診療等における看護業務のアシスタント業務

 4 試験 面接試験(三浦市立病院にて実施)

 

応募方法 履歴書(写真貼付)および免許証の写し(看護師および社会福祉士希望者のみ)を下記申込先に持参または郵送してください。

応募・問合せ 〒238-0222 岬陽町4-33 三浦市立病院事務局(882-2111、E-mail : byouin0101@city.miura.kanagawa.jp)

 

 

 ============================

東日本大震災から2年を迎えて

============================

東日本大震災の発生から、まもなく2年が経過しようとしています。あらためて、被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、今もなお復興に向けて前向きにご尽力なされる被災地の方々および被災地をご支援なされる全国のボランティアの皆様に対し、心より敬意を表します。

さて、三浦市では震災以降、あらためて防災対策の根本からの見直しを行っています。震災で最も脅威となった津波に対しては、「津波ハザードマップ」を新たな想定に基づいて改定するとともに、各沿岸地域においては「津波避難訓練」の実施を呼びかけ、多くの地域に応じていただいて訓練が行われました。

このように、市民の皆様においても防災意識が強まっていることを、大変心強く、また頼もしく感じております。今後も市民の皆様の安全安心を守るために、市としても想定される災害に対し、あらゆる角度から検証し、防災・減災に取り組んでまいりますが、災害時には自助・共助が大きな効果をもたらします。ぜひ、市民の皆様におかれましても、この機会にあらためてご家族や地域で、災害時の行動について考えてみてください。

三浦市長 吉田英男

 

 

============================

横須賀市・三浦市消防指令センターの運用を開始します

============================

三浦市と横須賀市は、消防通信指令事務の共同化に伴い、横須賀市消防局内に「横須賀市・三浦市消防指令センター」を開設し、4月1日(月)から運用を開始します。これにより、119番通報は「横須賀市三浦市消防指令センタで受け付けることになります。

○火災・救急などの緊急通報は、今までと同じように「119」をダイヤルしてください。

○「FAX119」は変更ありません。

テレフォンサービス(災害情報案内)は3月 19日(火) から電話番号が変わります。

046-821-3119(間違いにご注意ください)

問合せ 三浦市消防本部 庶務課(内線396)

 

 

============================

津波警報が変わります

============================

3月7日(木)から気象庁が発表する津波警報・注意報の数値基準および表現が下表のとおり変わります。

●これまで

分類

発表される津波の高さ

警報(大津波)

10m以上

8m

6m

4m

3m

警報(津波)

2m

1m

津波注意報

0.5m

 

●新しい基準と表現

分類

津波高さ予想の区分

表現

とるべき行動

想定される被害

数値

巨大地震の

場合の表現(※)

大津波警報

10m超

10m超

巨大

沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。

木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれる。

5m~10m

10m

3m~5m

5m

津波警報

1m~3m

3m

高い

標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生する。人は津波による流れに巻きこまれる。

津波注意報

20cm~1m

1m

(表記しない)

海の中にいる人は、ただちに海から上がって、海岸から離れてください。津波注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づいたりしないでください。

海の中では人は速い流れに巻き込まれる。養殖いかだが流失し小型船舶が転覆する。

※巨大地震(マグニチュード8を超える地震)の場合は、正しい地震の規模をすぐには把握できないため、その海域における最大級の津波を想定して警報が発表されます。このとき、最初の津波警報では、予想される津波の高さを「巨大」「高い」という言葉で発表して、非常事態であることを伝えます。

・津波は沿岸の地形などの影響により局所的に予想より高くなる場合があります。より高い場所をめざして避難しましょう。

・地震発生後、予想される津波の高さが20cm未満で被害の心配がない場合、または津波注意報の解除後も海面変動が継続する場合には、「津波予報(若干の海面変動)」が発表されます。

問合せ 危機管理課(256~258)

 

 

 ============================

保育料改定のお知らせ

============================

平成 25年 4月分からの保育所(保育園)保育料を、次のように改定します。

(※徴収基準額表の「階層区分」および「定義」が、国と同じになります。)

 

三浦市保育料徴収基準額表

階層区分

定義

保育料(月額)円

3歳未満児

3歳児

4歳以上児

第1階層

生活保護法による被保護世帯

0円

0円

0円

第2階層

前年分所得税および前年度市民税非課税世帯

4,000円

3,000円

3,000円

第3階層

前年度市民税課税世帯

15,000円

14,000円

14,000円

第4階層

前年分所得税40,000円未満

26,000円

23,000円

23,000円

第5階層

前年分所得税

40,000円以上 ~ 103,000円未満前年分所得税

41,000円

32,000円

27,000円

第6階層

前年分所得税

103,000円以上 ~ 413,000円未満

55,000円

35,000円

29,000円

第7階層

前年分所得税

413,000円以上 ~ 734,000円未満

64,000円

36,000円

30,000円

第8階層

前年分所得税

734,000円以上

73,000円

37,000円

31,000円

※ 所得税額の計算は、平成 22年度税制改正において廃止された年少扶養控除や、16歳から 18歳までの特定扶養控除の上乗せ部分を、所得控除として計算します。

 

母子・父子家庭または在宅障害児(者)のいる世帯

第2階層

前年分所得税および前年度市民税非課税世帯

0

0

0

第3階層

前年度市民税課税世帯

12,000

12,000

13,000

問合せ 子育て支援課(内線365)

 

 

============================

老人福祉保健センターの利用料金改定のお知らせ

============================

平成25年4月1日から、老人福祉保健センターの利用料金を徴収することとなります。

これまでは 60歳以上の利用者については無料とされていましたが、施設の維持管理に係る経費の現状を踏まえ、受益者負担の適正化を図るため、利用にあたり下表の区分により利用料金をいただくこととなりました。

今後も引き続きサービスの向上に努めますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。 

利用者の区分

利用料金の上限額(1回あたり)

三浦市に住所を有する 60歳以上の方

200円

その他市長が必要と認めた方(※)

500円

※「その他市長が必要と認めた方」とは、市内に居住する 40歳以上 60歳未満の方、市外の 60歳以上の方などをいいます。

問合せ 高齢介護課(内線363・364)、老人福祉保健センター(882-6788)

 

 

============================

献血のお知らせ

============================

病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、献血に皆さんのご協力をお願いします。

日時 3月26日(火)11時~15時

場所 三浦海岸駅前

協力 三浦ライオンズクラブ

 

日時 4月4日(木)10時~15時30分

場所 三崎フィッシャリーナ・ウォーフ(うらり)

協力 公益社団法人三浦青年会議所

※ 体調の悪い方、薬を飲んでいる方は献血できないことがあります。

問合せ 健康づくり課(内線370)

 

 

 ============================

ごみのお知らせ

============================

古着・古布の拠点回収のお知らせ

◆ごみの減量化とリサイクルを推進するために古着・古布の回収を行います。

◆回収の日時(雨天実施)

三崎地区                            3月 15日(金)8時~ 10時

南下浦・初声地区              3月 22日(金)8時~ 10時

◆回収する場所

三崎地区:市役所本館脇駐車場、みさき海業センター、城ケ島漁村センター、白石区歌舞島会館、金原会館、原区民センター、通り矢区民会館、小網代会館、三浦市立病院駐車場脇

南下浦地区:南下浦市民センター(※)、上宮田児童会館、菊名児童会館、金田海業センター(金田湾朝市会場)、松輪農村婦人の家、三浦市農協毘沙門事業所

※ 南下浦市民センターに車で古着・古布をお持ちの際は、駐車場内にお入りください。(古着・古布搬入中の駐車場料金は、無料となります)

初声地区:初声市民センター、三浦市農協三戸事業所、和田児童会館、高円坊区会館

◆回収できないもの

濡れた衣類、汚れのひどい衣類、布団類、じゅうたん、コタツの下敷き、電気毛布、台所等のマット、座布団、枕、帽子、ぬいぐるみ、靴、ベルト、ゴム製品、革製品、傘、ビニール製の雨合羽

※ 回収できないものが出されることがよくあります。出す前にもう一度確認してください。

※ ペンキや油が付いたもの、汚れがひどいものについては一般ごみとして出すようにお願いします。

※ 古着・古布の拠点回収は、3月・6月・10月の年3回実施しています。

○ごみダイエット大作戦の継続が必要です! 

「ごみダイエット大作戦 プラ混入 NO!水切り徹底!」をキャッチフレーズに一般ごみへのプラスチックの混入防止と生ごみの水切りの徹底に取り組んでいただいています。その結果、平成 24年 10月から 4カ月連続で一般ごみのプラスチック混入率は目標の5%以内となっていますが、水分率は、まだ60%を超えていて、目標の50%以内に達していません。

横須賀市で継続して三浦市の一般ごみを焼却していただくためには、一般ごみへの「プラスチック混入防止」、「生ごみの水切り徹底」と併せて一般ごみの減量に努めなければなりません。

引き続き、市民の皆さん一人ひとりが「ごみダイエット大作戦」に取り組むことが必要です。

○使用済乾電池は店頭回収です! 

使用済乾電池は店頭や公共施設の使用済乾電池回収ボックスにお持ちください。回収ボックスには乾電池以外は入れないでください。乾電池を入れていた袋などはお持ち帰りいただき、回収ボックスに入れないようにお願いします。また、ボタン電池、充電式電池も乾電池回収ボックスに入れることはできません。これらは、電気店等に設置されている専用のボックスに入れてください。

使用済乾電池回収ボックスは、電気店、スーパーなどの回収協力店、市役所 (本館・分館)、南下浦出張所、初声出張所、市立病院、三崎水産物地方卸売市場管理事務所等に設置してありますので、ご利用ください。

使用済乾電池回収ボックス設置協力店・公共機関一覧は市ホームページに掲載しています。

○事業系ごみ適正排出 

事業系ごみの適正排出をお願いします。

事業系ごみの適正排出について、詳細は市ホームページをご確認いただくか、廃棄物対策課へお問い合わせください。

また、事業系ごみの適正処理についての冊子も廃棄物対策課で配布しています。

 

3月の埋立ごみ、枝木・草葉類の収集日のお知らせ

区分

三崎地区

南下浦地区・初声地区

埋立ごみ

13日、27日(第2、4水曜日)

8日、22日(第2、4金曜日)

枝木・草葉類

6日、20日(第1、 3水曜日)

1日、15日、29日(第1、3、5金曜日)

ごみを出す日を間違えないようにお願いします。

問合せ 廃棄物対策課(内線291・299)

 

 

 ============================

土曜日・日曜日の市役所開庁のお知らせ

============================

開庁日: 3月30日(土)

3月31日(日)

開庁時間:8時 30分~17時 15分

 

 

 

市民課

転入・転出・転居届、住民票の写し、印鑑登録および証明、戸籍謄抄本、戸籍届出の受付

※ 住基カード転入・転出および住基カード発行等・広域交付・公的個人認証サービスはお取り扱いできません。

問合せ(内線 307~ 309)

本館1階

保険年金課

国民健康保険の加入喪失・保険給付の申請(療養費・高額療養費・出産一時金・葬祭費等)、後期高齢者医療制度の加入喪失(※保険証の交付はできません)・保険給付の申請(療養費・高額療養費・葬祭費等)、小児・障害・ひとり親等の医療費助成事務、国民年金の資格取得喪失・免除申請等

※国保の高額療養費申請は領収書を必ずお持ちください。

問合せ(内線301~304、314、317)

本館1階

水道部営業課

水道料金の受領・精算の受付、使用者変更・用途変更・開栓・閉栓の受付。

(※土日のメーター取り付け、取り外しはできません)

問合せ(内線319:土日開庁日のみ、内線381~388:当日以外)

本館1階

税制課

納税証明書・市税納付・納付相談等。還付金の現金取扱はできません。

市県民税課税所得(非課税)証明書(事前に税制課に電話予約をしてください。)

問合せ(内線242~246)

分館1階

学校教育課

小中学校児童・生徒の転入学の手続き等

問合せ(内線409)

青少年会館 2階

※ 印鑑、本人確認できるもの(免許証や住基カード・パスポート等の顔写真入りの証明)をお持ちください。

※同一世帯以外の方が手続きをする場合は、委任状をお持ちください。

※南下浦土曜サービスセンターは通常通り開庁します。

※ 他市町村および年金事務所等関係機関に確認が必要なもの等はお取り扱いできません。

 

●住民票、印鑑証明電話予約も受付中!

本人または本人と同一世帯の方であれば、受け取りを希望する市民課、南下浦・初声の出張所に平日8時30分~17時15分の間に電話をいただくと、その週の週末に住民票や印鑑証明を受け取れます。(印鑑証明を予約される場合は、お手元に印鑑登録証をご用意の上でお電話ください。

問合せ 各種取扱業務の詳細については各担当課へ直接お問い合わせください。

    土日の市役所開庁全般に関することは、市民課へ(内線308)

 

 

============================

水道料金のお支払は便利な口座振替で

金融機関の窓口でお手続きできます

(通帳と印鑑が必要です )

問合せ 水道部 営業課(内線 383・384)

============================

 

 

 ============================

三浦市自転車等駐車場をご利用の皆さんへ                  定期利用者を募集します

============================

平成 25年 4月 1日からの定期利用者を募集します。現在定期利用している方も改めて申し込みが必要です。

 

受付日時・場所   

(1) 3月 16日(土) 9時~ 16時

 場所 潮風アリーナ第 1・第 2会議室

 対象  三崎口駅第 1自転車等駐車場および三崎口駅第 2自転車等駐車場利用者

(2) 3月 17日(日) 9時~ 17時

 場所 三浦市自転車等保管事務所(潮風アリーナ横)

 対象 全駐車場利用者

(3) 3月 20日(水・祝) 9時~16時

 場所 南下浦市民センター実習室

 対象 三浦海岸駅第 1自転車等駐車場利用者

※ 3月中は、上記の日以外、4月 1日以降の定期利用の申し込みはできませんので、ご承知おきください。 

申込方法・料金   

当日配布する指定の申込用紙に、防犯登録・車両番号などを記入して、各受付場所へ提出してください。(先着順)

区分(月額)

三崎口駅第1

自転車等駐車場

三崎口駅第2

自転車等駐車場

三浦海岸駅第1

自転車等駐車場

自転車

市内

1,300円

1,500円

1,500円

市外

1,500円

1,700円

1,700円

バイク

市内

2,500円

2,800円

2,800円

市外

2,800円

3,100円

3,100円

  • ※ バイクは125cc

問合せ 三浦市自転車等保管事務所(889-0618)

    指定管理者 シダックス大新東ヒューマンサービス㈱横浜支店(平成 24年 7月 1日社名変更)(045-260-6581)

 

 

============================

市内放射線量等(2月14日現在)

============================

農水産物等の放射線濃度  (セシウム 134・137 単位=ベクレル/kg)

●市内および近隣産の農産物:

 セシウム 134: 2.2未満  セシウム 137: 1.9未満

●市内および近隣産の水産物:

 セシウム 134: 5.14未満            セシウム 137: 4.43未満

●下水道終末処理場における汚泥等: 不検出

●水道水: 不検出

 

市内施設の大気中の放射線量(単位:マイクロシーベルト/時間)

●市内小中学校(側溝等): 0.01~0.11

●市内公園: 0.03~0.18

●市内その他施設(保育園等): 0.04~0.13

※安全目安:食品=セシウム 134および 137の合計:100ベクレル/ kg、水道水=セシウム 134および 137の合計:10ベクレル/kg、大気=0.23マイクロシーベルト/時間

問合せ 危機管理課(内線256~258)

 

 

============================

各種無料相談のご案内(4月)

============================

種別

日程

時間

会場

問合せ先

相談担当者

法律相談

10日(水)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

弁護士

法律相談

25日(木)

13:00~15:00

南下浦市民センター2階集会室

内線319

弁護士

法律相談

26日(金)

10:00~12:00

三浦市総合福祉センター

888-7347

弁護士

女性相談

18日(木)

10:00~15:00

市役所分館市民相談室2

内線313

女性相談員

人権相談

2日(月)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

人権擁護委員

行政相談

5日(金)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政相談委員

住まいの相談

11日(木)

14:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

建築士

建築大工技能士

犯罪被害者相談

19日(金)

9:00~12:00

市役所分館市民相談室1

内線311

専門相談員

登記測量相談

16日(火)

14:00~16:00

初声市民センター2階集会室

内線319

司法書士

土地家屋調査士

成年後見相談

24日(水)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政書士

宅地建物相談

25日(木)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

宅地建物相談員

高年齢者

出張職業相談

10日(水)・ 24日(水)

13:30~17:00(受付終了16:30)

勤労市民センター

内線77324

高齢者職業相談員

消費生活相談

毎週月・木(祝日は順延)

9:30~15:30

市役所分館市民相談室 1

内線313

消費生活相談員

教育相談

月~金

(祝日を除く)

9:00~16:00

教育相談室

881-3380

教育相談員

一般相談

月~金

(祝日を除く)

8:30~17:15

市民課お客様センター

内線319

担当職員

※相談はいずれも無料で、シロ抜きの相談は予約制(定員有)です。4月10日.・25日.の法律相談、人権相談、住まいの相談、犯罪被害者相談、登記測量相談、宅地建物相談は3月8日(金)から予約を受け付けます。

 

 

 ============================

募集

============================

============================

保健師・看護師 臨時職員募集

============================

職種 保健師または看護師

採用予定期間 平成25 年4 月~平成26 年3 月

業務内容 健診・保健指導・健康教育等健康づくりに関すること

勤務日数 月20 日以内

勤務時間 8 時30 分~ 17 時15 分(休憩1 時間含む)

*上記条件の場合、社保加入有

*勤務日数、勤務時間は相談に応じます。

問合せ 健康づくり課(内線370)

 

============================

「東大三崎臨海実験所サポーター(仮称)」の募集について

============================

油壷で研究活動を行っている東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所は、最新の研究だけではなく、海洋科学の普及も行っています。その一環として展示室も設けられました。

このたび、同実験所が行う教育や生涯学習支援、最新の科学技術や研究成果の発信と普及活動、展示室の運営などをサポートするために活動していただけるサポーターを募ります。

主な活動の内容(予定)

・サポーターの会の運営

・三崎臨海実験所内の展示品や所蔵品の管理と整理のお手伝い

・三崎臨海実験所が主催する自然観察会の運営のお手伝い

・その他、三崎臨海実験所が必要とする活動のお手伝い

募集期間 3月1日(金)~29日(金)

対象者 活動の趣旨に賛同していただける個人(未成年の場合は保護者の同意が必要です)または団体

申込み・問合せ 生涯学習課(内線412・411)

 

============================

三浦市奨学生・新規募集    大学等今春入学者対象【貸付】

============================

募集対象 今年高校等を卒業し、大学や短大・専門学校等に入学する方

貸付金額 月額20,000 円(無利子貸付)

返還方法 大学等を卒業した翌年の4 月から月額10,000 円ずつ返還

募集締切 3月29日(金)

募集人数 2人

応募方法 本人および連帯保証人が署名・押印した奨学生願書(指定様式)に、高校の推薦調書(指定様式)等の必要書類を添えて教育委員会総務課に本人が持参

願書等入手方法 教育委員会総務課(青少年会館1 階)にお申し出ください。

問合せ 総務課(内線406)

 

============================

寺本育英会奨学生・新規募集           高校今春入学者対象【給付】

============================

募集対象 今年中学校を卒業し、高等学校に入学する三浦市在住の方

給付金額 月額2,500 円(返還不要)

募集人数 1 人

募集締切 3月15日(金)

応募方法 本人が署名・押印した願書(指定様式)に、中学校の推薦書(指定様式) 等の必要書類を添えて教育委員会総務課に本人が持参

願書等入手方法 市内の各中学校と教育委員会総務課(青少年会館1 階)にありますのでお申し出ください。

問合せ 総務課(内線406)

 

============================

お知らせ

============================

============================

「平成25 年度版サークルなび」の作成を行います

============================

「 サークルなび」とは、サークル活動の情報を登録していただくことによって、多くの市民の皆さんに生きがいや趣味を持つ機会づくりを行うとともに、サークル活動の活性化を図ることを目的としている制度です。

皆さんに登録していただいたサークル情報は、南下浦および初声市民センターなどで一覧を配布するほか、市ホームページへの掲載、活動内容などの条件を入力することでサークルの検索を行うことができる、神奈川県生涯学習情報システムホームページ「PLANET かながわ」へ登録します。この「サークルなび」の平成25 年度版の作成を以下のとおり行います。

登録期間 3月1日(金)~4月26日(金)

登録方法 生涯学習課や活動を行っている公共施設等で登録申込書の配布、回収を行います。また、登録申込書は市ホームページからダウンロードできます。

登録対象団体 市内で活動を行っているサークル

問合せ 生涯学習課(内線411)

 

============================

し尿処理手数料(し尿のくみ取り)の改定について

============================

『 三浦市民』1月号・2月号でのご案内のとおり、4月1日からし尿処理手数料が改定されます。詳しい改定内容については、1月号をご覧いただくか、環境課までお問い合わせく

ださい。

また、納付方法について、口座振替を推奨します。現在口座振替をご利用でない方については、納入通知書発送の際に口座振替申込用紙を同封しますので、必要事項を記入の上、取扱金融機関へご提出くださるようお願いします。

その他、3月は一般家庭(簡易水洗トイレを使用している世帯および店舗・事務所以外)に第2期の納入通知書を送付します。4月1日(月)が納期限となっていますので、納入通知書が届きましたら、お支払いをお願いします。

問合せ 環境課(内線 297)

 

============================

3月は国民健康保険税の納期です。

市税や公金の納付には口座振替が便利です。

問合せ 税制課(内線 245・249)

============================

 

============================

市長と三浦について話しませんか?みうらトーク&トーク(市民対話集会)

============================

市の施策等について、日頃、疑問に思っていること、知りたいこと、ご意見などについて、吉田市長と語り合いませんか。

みうらトーク&トークは、グループの集まりに市長や市職員が出向いていく出前型と、市長や市職員が語り合いたいテーマを挙げ、皆さんを募って開く待合型があります。どちらも、その場で井戸端会議感覚で意見交換をしています。

参加希望や興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

問合せ 協働推進課(内線 315)

 

============================

専用水道・簡易専用水道等の取扱窓口が変わります

============================

4月1日から、専用水道、簡易専用水道、小規模水道、小規模受水槽水道および飲用井戸に関する各種届出等の取扱窓口が、神奈川県三崎保健福祉事務所から市役所環境課に変わります。

平成25年4月1日からの窓口

三浦市 環境課(内線296・289)

場所 三浦市役所分館2階

問合せ 環境課(内線 296・289)

 

============================

催し

============================

============================

「第 16回三浦市学校給食展~地域に広げよう 給食の輪~」

============================

給食に関する展示、ゲームコーナー、給食の試食などを行います。

日時 3月16日(土)11時~14時

場所 初声市民センター2階講堂

*試食は、1食 300円で先着 100人です。

メニューは、「ソフト麺ミートソース、牛乳、ツナサラダ、デザート」

問合せ 学校給食課 三崎学校給食共同調理場(882-1128)

 

============================

市民活動活性化セミナー「まちカル・カレッジ」開講します

============================

まちを元気に、地域の課題解決に、皆さんの活動を元気にするための講座です。

(1)「三崎の底力!魅力再発見街に出よう!」(3月9日(土)13時30分~16時)

講師 鈴木 伸治氏(横浜市立大学准教授、「黄金町バザール」仕掛人)

(2)「ソーシャルビジネスをはじめよう!」(3月31日(日)14 時~16 時)

講師 高島友和氏(日本財団所属、ウェブからファンドまで)

各回とも場所は「みうら映画舎 R-0(三崎1-10-12)」

※講座終了後、意見交換会を予定しています。どなたでも参加可能です。要申し込み。

申込み・問合せ 協働推進課(内線 312)

 

============================

平成 24年度 三浦市社会教育講座 みうらの魚をおいしく食べる料理講座~魚のオロシ方を学ぶ~

============================

日時 3月22日(金)9時30分~13時

場所 南下浦市民センター

対象 市内在住・在勤の方 定員 24人

持ち物  エプロン、三角巾、タオル、包丁、砥石

参加費  700円

講師 野田 俊二氏、石渡 久子氏(社会教育指導員)

内容 おいしいランチを味わう(アジのナメロウ、鶏のムネ肉しょうゆ麹(こうじ) 漬け、魚と野菜のホイル焼き、アカモクの汁物、さつまいもサラダ、おかかのふりかけ、牛乳ババロア、包丁とぎ)

申込み・問合せ 3月 8日(金)から直接または電話で南下浦市民センターへ(888-0040)

 

============================

初声市民センター社会教育講座 子ども料理教室~中華まんじゅうをつくろう~

============================

日時 3月23日(土)10時~12時

場所 初声市民センター

講師 山田 喜美枝氏

対象 市内在住の小学生 20人(先着順)

材料費 400円

持ち物 エプロン・タオル・三角巾・ふきん・飲物・筆記用具

申込み・問合せ 3月7日(木)から直接または電話で初声市民センターへ(888-1626)

 

============================

「第7回三崎まぐろ鉄火巻日本一寿司づくり大会」の参加者募集!

============================

「三崎のまぐろ」を使って日本一長い鉄火巻寿司を巻き上げる参加体験型のイベントです。ぜひご参加ください。

この日、三崎下町商店街に全長 550メートルの日本一長い鉄火巻寿司が出現します。

参加者 1,250人が心をひとつにして、一斉に巻き上げる光景は圧巻です。

皆さんも日本記録更新の感動的な瞬間に立ち会ってみませんか!完成した鉄火巻は、その場で切り分けられ、参加者に振る舞われます。(参加は事前予約が必要です。次の応募方法をご確認ください。)

日時 4月21日(日)14時頃スタート

場所 三崎下町商店街 (雨天時変更あり)

募集開始日 3月1日(金)

募集人数等 先着 1,250人、参加無料(※小学4年生以上の方)

応募方法 (1)「公式ホームページの応募フォーム」または (2)「往復はがき」に、代表者氏名、住所、電話番号、参加人数(代表者含む)を明記の上、下記宛先までご応募ください。

(1)公式ホームページ: www.misakitekka.com

(2)往復はがき宛先:〒 238-0243 三崎222-16三浦商工会議所内「三崎まぐろ鉄火巻き大会」係り

問合せ 三浦商工会議所(881-5111)

 

============================

福祉のひろば

============================

============================

要介護・要支援認定更新のお知らせ

============================

要介護・要支援認定には有効期間が定められています。現在サービスを利用している方は認定の更新が必要になります。(※サービスを利用していない方は更新申請をする必要はなく、サービスを利用したいときに改めて申請してください。)認定の有効期間は介護保険被保険者証に記載してありますので、満了日の 60日前から満了日までの間に更新申請を行うようお願いします。

問合せ 高齢介護課(内線 351・353)

 

============================

人権・自殺予防講演会       平成 24年度第 3回ゲートキーパー養成講座

============================

全国で毎年2万7千人を超える方が自ら命を落としています。今年度三浦市では、自殺を止める役割等を担う「ゲートキーパー」の周知、養成を行うため、全3回(今回は第 3回目)の講演会を開催します。

参加制限はありませんので、奮ってご参加ください。

テーマ 大切な人を守る為に

日時 3月21日(木)15時~17時

講師 伊東 秀幸氏(田園調布学園大学教授)

場所 青少年会館 1階ホール

問合せ 福祉課 (内線 361・362)

 

============================

みうらふれあいサロンの開催場所が増えます

============================

平成25年4月から、第2・第4火曜日に南下浦市民センターにて開催します (南下浦地区・初声地区の方対象。初声市民センターは今まで通り第2・第4月曜日に開催)。

高齢者が気軽に集い、 コミュニケーションを楽しむ場として出かける機会・話をする機

会にいかがでしょうか。話し相手になります。

介護の相談にのります。お茶を飲みながらいろいろな話をしましょう!ぜひ、遊びに来てください。

問合せ はまゆう地域包括支援センター(881-3351)

 

============================

手話講習会のお知らせ

============================

聴覚障害者協会主催による手話講習会を開催します。これを機会にぜひ、手話を始め

てみませんか?

「初めて手話を勉強する人の為のコース」(全 15回)

日時 4月10日(水)~7月24日(水) (5月1日(水)を除く)の毎週水曜日、19時~21時

場所 南下浦市民センター2階講義室

受講料 3,000円(別途、テキスト代1,200円)

申込方法 往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号 (ファクスの有無 )・受講理由を記入しお申し込みください。

申込先 〒238-0101南下浦町上宮田3183 杉山節子宛

締切日 3月23日(土)

問合せ 福祉課(内線 361・362)

 

============================

介護保険事業推進委員会開催のお知らせ

============================

三浦市高齢者保健福祉計画・三浦市介護保険事業計画の進行・管理などを検討する介護保険事業推進委員会を開催します。

傍聴を希望される方は、開催日の前日までに担当へご連絡ください。

日時 3月27日(水) 13時~

場所 青少年会館 3階 会合室

問合せ 高齢介護課(内線 352・354)

 

============================

三浦半島地域障害者歯科診療所

============================

障害児者のための歯科診療所です。

診療日時 毎週火・木曜日 13時~ 17時(祝祭日・年末年始は除く)

予約受付 月曜日 9時~ 15時

火・木曜日 13時~ 17時

*要電話予約 823-0055

場所 三浦半島地域障害者歯科診療所(横須賀市歯科医師会口腔衛生センター内 ) 横須賀市日の出町 2-9

問合せ 福祉課 (内線361・362)

 

============================

エイズ検査のご案内

============================

○エイズ検査(匿名・無料・事前予約制)

感染の機会があってから約 3カ月(12週間)経過してからお受けください。

検査結果は 1週間後に本人へ面接にてお知らせします。

日時 3月25日(月) 9時~10時30分

申込み・問合せ 三崎保健福祉事務所保健予防課(882-6811)

 

============================

メンタルヘルス相談のご案内

============================

○精神科医による相談(予約制・秘密厳守)

・「うつ」や「不眠」 ・ひきこもり 

・「アルコール」や「薬物」 ・統合失調症

などの病気 ・認知症などのご相談に応じます(ご自身のこと・ご家族の対応)。

日時 3月15日(金 )・4月5日(金 )・(いずれも10時~)

○福祉職や保健師による相談(随時受付)

申込み・問合せ 三崎保健福祉事務所保健予防課(882-6811)

 

============================

まちごとカルチャー@三崎を開催します!3月20日(水・祝) 10時~16時

============================

潮風の通る街、蔵が点在し、猫がぶらぶら歩く。アンティークショップがノスタルジックな街に溶け込んでいる――。そんな三崎の街に、音楽・ハンドメイドの作品市、骨董市・ものづくりのワークショップ・絵画展などが大集合します。

3月20日は三崎の街を楽しみに行きませんか。

詳細はhttp://www.machikaru.comをご覧ください。

問合せ 協働推進課(内線312)

 

 

 ============================

健康ぷらっと

============================

平成25年度 食生活改善推進員養成講座受講生募集

4月から1年かけて開催する養成講座を受講し、地域の食生活改善ボランティア活動を始めてみませんか。

食生活を中心に幅広く健康づくりの知識・技術を楽しく学べます。意欲のある方を募集しています。

募集人数:24人

受講料:無料(ただし、調理実習費として実費負担があります。)

場所:三浦合同庁舎 他

時間:9時30分~13時(通常の場合)

日程:

4月23日(火)、5月14日(火)、6月11日(火)、7月9日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)、10月8日(火)、11月12日(火)、12月11日(水)、1月28日(火)、2月25日(火)、3月11日(火)

※12月11日のみ水曜日開催予定です。

内容:食生活の基礎知識、生活習慣病予防、ライフステージにあわせた健康づくり、食品衛生、調理実習など

募集対象(以下の条件を満たす方)

・三浦市民の方

・食生活改善活動に意欲のある方

・1年間(12回)通して受講できる方

・講座の妨げとなる行為をしない方

 

修了生は、三浦市で地域の健康づくりをすすめるために、食生活を中心とした様々なボランティア活動をしています。(食生活改善推進団体 三栄会)

 

============================

健康ぷらっと健康相談日  健康相談日

内容 健康測定・健康診査や教室のご案内・健康に関する相談

AM:9時30分~11時30分              PM:13時30分~15時30分

場所:健康ぷらっと(三浦合同庁舎2階)

3月15日(金)PM

3月25日(月)AM

4月8日(月)PM

4月24日(水)AM

 

場所:南下浦市民センター2階

4月16日(火)PM

 

============================

働き盛りの「健康づくりセミナー」

コレステロール・中性脂肪の心配な方必見

生活習慣病である脂質異常症(高コレステロール・高中性脂肪)について学びます。

日時 3月22日(金)13時~15時30分

内容 脂質異常症の検査とお薬について

講師 三浦市立病院 検査技師・薬剤師

対象 64歳以下の三浦市民

持ち物 筆記用具・電卓

場所 健康ぷらっと(三浦合同庁舎2階)

※3月19日(火)までに電話でお申し込みください。

 

============================

歩っぽの会(生活習慣病予防ウォーキング教室)

対象:三浦市民で64歳以下の方

3月8日(金) 修了式・小松ヶ池コース (集合解散:南下浦市民センター)

※9時10分受付開始。初めての方は、9時集合です。

※雨天決行!(雨天時は修了式のみになります。)

平成25年度の歩っぽの会は、毎月木曜日の予定です。年間の日程は4月号の『三浦市民』に掲載します!

 

============================

保健衛生委員活動日記

■第4回全体研修会

12月 6日(木)、三浦合同庁舎4階で行いました。神奈川県立保健福祉大学栄養学科講師、五味郁子氏に「食事と健康」について講義をしていただきました。食事バランスやサプリメントのお話もあり、「改めて自分や家族の食事に気を付けるようにしたいと思いました」という感想も聞かれました。

■第5回全体研修会

今年度最後の全体研修会を2月 1日(金)、潮風アリーナで行いました。公益財団法人かながわ健康財団の健康運動指導士、高垣茂子氏に「みんなでできる健康体操」というテーマで実技を指導していただきました。ただ歩く場合でもひと工夫で運動負荷を上げ、効率のよい運動になること等を学び、ラジオ体操、フォークダンス、お口の体操など楽しく身体を動かしました。委員の皆さん1年間お疲れ様でした。

 

============================

ミニ健康ですね    3月1日~8日は「女性の健康週間」です!

女性は妊娠・出産・更年期等、一生を通じて様々な体の変化を経験します。毎日、家事や仕事に追われて忙しいあなた。

自分らしく・健康でいるために大切なことは何ですか?

あなたが健康に過ごすためのヒントをお伝えします!

■バランス良く食べる!

朝食をしっかり食べる・野菜を毎食たっぷり食べる・間食は量を決めるなど、バランス良く食べて、毎日の体調を整えましょう。

■定期的に体を動かす!

テレビを見ながらの体操等、生活の中に上手に取り入れましょう。

続けることで、病気の予防やダイエット・老化防止にも繋がります。

■ストレスを溜めない!

半身浴・睡眠・読書・家族や友人と過ごすなど、気分転換の時間を作り、気持ちを上手にリセットしましょう。

■健康診査・がん検診を受ける!

自覚症状の無い段階で、早めに病気を見つけましょう。

毎年受ければ検査値の経過も解り、病気の予防に繋がります。

 

============================

各市民センター・本庁舎に設置していた自動血圧計は、3月末に完全撤去します。長い間大切にご使用いただき、ありがとうございました。

 

 

 ============================

市民特派員リポート           のどもと過ぎると忘れる熱さ

============================

1954(昭和 29)年アメリカが太平洋ビキニ環礁で行なった水爆実験によって、マグロが放射能で汚染され、被災した船員が亡くなって、大問題になりました。三崎魚市場で開かれた原爆実験反対町民大会は、熱気溢れるものでした。

その翌年 1955(昭和 30)年三浦市が誕生しました。この年国は原子力の平和利用を打ち出し、日米原子力協定締結、原子力基本法や原子力委員会設置法公布など、基礎固めをしたのち、1957(昭和 32)年日本原子力発電を設立し、原発の建設に乗り出しました。この時、横須賀へ新しい時代を切り開く原子力施設を誘致しよう、という運動が起こり、三浦市はこの運動に熱心な国会議員や原子力の専門家を招いて説明会を開いたりしましたが、盛り上がりませんでした。

この原発は、当時無名に近かった茨城県の東海村に建設され、 1965(昭和 40)年営業用の原子力発電に成功して、原発の普及に大きな弾みをつけました。

一方、その頃横須賀はアメリカのベトナム戦争の基地として重要な役割を担い、新たに原子力潜水艦寄港問題を抱えて騒然としていました。平和が脅かされる、と寄港反対の声が全国に満ち溢れる中で、1966(昭和 41)年原潜が入港し、のち原子力空母も入るようになり、今日に及んでいます。

時が流れ、原爆も、原発も、あの原潜や空母も、関心を持たれなくなって行く中で、東日本大震災が起こり、原発への関心が俄に高まりました。しかし、それから2年たち、のどもと過ぎれば熱さを…となりつつあるように思われます。

市民特派員 石渡 喜一郎

 

 

============================

図書館だより

============================

図書館に、次の新しい本が入りました。

【図書館本館:青少年会館内】

55歳からのハローライフ(村上龍)、鍋奉行犯科帳(田中啓文)、ルドルフとスノーホワイト(斉藤洋)、こども大百科大図解(小学館)、うれしいさんかなしいさん(まつおかきょうこ)ほか

【南下浦分館:南下浦市民センター内】

孤愁(新田次郎)、伝説の日本史 第1巻(井沢元彦)、ポリ袋レシピ(川平秀一)、噂の女(奥田英朗)、どんぶらどんぶら七福神(みきつきみ)ほか

【初声分館 :初声市民センター内】

神去なあなあ夜話(三浦しをん)、ここはボツコニアン 2(宮部みゆき)、僕の死に方(金子哲雄)、父と息子のフィルム・クラブ(デヴィッド・ギルモア)、きいてきいて(たかぎちず)ほか

【休館日】

3月は、 3日(南下浦分館のみ)、 4日・ 11日・ 18日・20日・ 25日・ 31日です。

4月は、 1日・8日・ 15日・ 22日・ 29日・ 30日です。

問合せ 図書館(内線 415)

 

 

 ============================

三浦市立病院       はじめまして       理学療法士           重枝利佳

============================

10月からリハビリテーション科で理学療法士として働いている、重枝利佳と申します。病院で怪我や病気の患者様のリハビリをするだけではなく、勤務後は大学院へ通い、研究にも励んでいます。今回は、この研究についてお話させていただきます。

こちらへ来る前は、横須賀の病院で主に人工関節置換術という手術をした患者様を担当してきました。

多くの患者様を担当してきた中で、ある疑問が出てきました。この手術をすると、今まで痛かった膝や股関節の痛みがとれ、また綺麗に歩けるようになります。しかし、手術をしてから長く経過した患者様の中で、他の関節の痛みや腰痛で再び病院に来る方もいました。その理由は何なのか?そして、その原因を突き止めることで、早い段階からより効果的なリハビリをすることができ、また病院に来ることがなくなるのではないかと考え、研究を始めました。

人工関節置換術をした患者様の歩き方を、コンピュータを使って分析し、患者様の歩き方の悪いクセがわかってきました。現在は、悪いクセのある歩き方をしてしまう原因を突き止めて、どのようなリハビリが最適なのかを知るために研究を続けています。

リハビリテーション科は、これから様々な得意分野を持ったスタッフが増え、生まれ変わろうとしているところです。今まで以上に患者様とその家族に寄り添い、最高のリハビリが提供できると思います。転んだわけじゃないけど、膝や股関節が痛いという方がいましたら、ぜひ一度病院へいらしてください。生まれ変わったリハビリテーション科で、一緒に痛みを取り除いていきましょう!

 

 

============================

Yes 脳ドック! 実施中です!

============================

市立病院では、脳の疾患の早期発見と疾患予防管理のための「脳ドック」を実施しています。脳の健康管理のために、ぜひお申し込みください。

検査内容 頭部 MRI (頭部の撮影)検査、MRA(血管の撮影)検査と頚動脈超音波検査です。

検査実施日時 月曜日~金曜日(祝祭日および年末年始を除く)の 13時および 16時開始。

※2人でのお申し込みの場合は16時開始のみの予約となります。

検査料 1人様  15,150円(税込み)

申込方法 前日までの予約制となります。下記事務担当まで電話にてお申し込みいただくか、総合受付にて直接お申し込みください。

その他 予約状況により、検査日時がご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。また、お申し込み時に頭部 MRI (頭部の撮影)検査の適合を確認する問診を行いますのでご協力ください。なお、三浦市外の方でもご受診できます。まずはご連絡ください。

申込み・問合せ 三浦市立病院 事務局医事担当(882-2111 内線5119・5121)

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る