トップページ > 「三浦市民」(広報紙)最新号とバックナンバー > テキスト版「三浦市民」 > 三浦市民平成25年4月号概要テキスト版

ここから本文です。

更新日:2019年6月12日

三浦市民平成25年4月号概要テキスト版

ページ 内容
表紙 4月1日(月)から三浦市と横須賀市共同の消防通信指令事務が始まります

2~3ページ

平成25年度施政方針(要約)

4ページ 三浦市長選挙・三浦市議会議員補欠選挙、市の組織の一部を再編します、国の機関が新港埠頭交流拠点へ移転します
5ページ ごみのお知らせ、各種無料相談

6ページ

住宅リフォーム助成制度のご案内、犬の登録と狂犬病予防集合注射のお知らせ

7ページ

第16回わんぱく相撲三浦場所開催、みうら観光ボランティアガイド養成講座、微小粒子状物質の注意喚起について

8~11ページ 募集・お知らせ・福祉のひろば
12ページ 平成25年度版母子保健事業のお知らせ
13ページ 予防接種を受けましょう!、平成25年度の国民年金保険料等についてお知らせします
14ページ 国民健康保険について、働き盛りの健康づくりセミナー
15ページ 健康ぷらっと
16ページ 特派員リポート、図書館だより
17ページ 三浦市立病院コラム、ミニドックを受けてみませんか?

 

 

 

============================

三浦市民 平成25年4月号(689号)

============================

市の人口 46,786 人(世帯数:17,830 世帯)※3 月1日現在(平成22年国勢調査結果に基づく推計人口)

============================

 

 ============================

表紙       4 月1 日( 月) から三浦市と横須賀市共同の消防通信指令事務が始まります

============================

三浦市と横須賀市は、消防通信指令業務の共同化に伴い、横須賀市消防局内に「横須賀市・三浦市消防指令センター」を開設し、4 月1 日(月) から運用を開始します。

共同で運用することにより、消防指令システムの整備費や維持管理費用の節減が図られるほか、消防・救急業務の応援出場体制が強化されます。

問合せ 消防総務課 (内線396)

 

 

 ============================

平成25年度  施政方針(要約)

============================

§1 市政執行に関する基本姿勢

● 私の市政執行における基本姿勢である、市民にとって「あったかいまち」「ロハス」な魅力で選ばれるまち「3つの S」で高効率・高性能の財政体質という 3つの基本姿勢と平成 24年度から加えた「市民のいのちを守る災害の備え」に変わりはありません。

● 財政健全化を目指した予算においては、職員の基本姿勢が市民の皆さまの市政に対する満足度に大きく作用します。「3つの S」をますます徹底してまいります。

 

§2 「Yesからのスタート」が平成25年度施政の基本方針

● 城ケ島は、先日改訂されたミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにおいて、「近くにいれば寄り道をして訪れるべき場所」を意味する二つ星として掲載されております。また、昨年ついに、神奈川県の新たな観光の核づくり構想の第 1号として認定を受けました。

● 平成 25年度における施政の基本方針は、引き続き Yesからのスタートであります。

不可能とも思えるような事柄も、Yesからのスタートで、粘り強く取り組んでいく。この姿勢を徹底し、平成 25年度も新たな成果を目指して取り組んでまいります。

 

§3 市民のいのちを守る災害への備え

● 東日本大震災から間もなく 2年が経過しようとしています。災害を忘れず平成 25年度も、市民の自助、共助の力を高める取組を一層進めてまいります。

● 避難所ごとの運営体制や福祉避難所マニュアルの策定等要援護者支援体制の整備を進めるとともに、実践的な訓練実施を支援いたします。

● 津波発生時に高台へ安全に避難するための避難経路 2カ所を整備するほか、県が実施する急傾斜地崩壊対策事業による避難階段の設計費用の一部を負担いたします。

● 消防活動の初動体制や災害対策の強化を図るため、新消防庁舎建設工事に着手いたします。

● 西海岸線を跨ぐ名向陸橋について、耐震補強工事のための詳細設計を実施いたします。

● 東日本大震災の教訓を踏まえ、避難生活における乳幼児や女性への配慮のため、新たな災害備蓄品を整備します。

 

§4 市民にとって「あったかいまち」

● 姉妹都市提携 20周年を記念して、ウォーナンブール市長を始めとした訪問団を10月にお迎えし、一層友好関係が深まるように様々な歓迎行事を行ってまいります。

● 県立三崎高等学校跡地の利活用につきましては、平成 25年 3月末の提案書を待ち、(仮称)市民交流拠点の実現に向けて、事業契約締結のための事務を進めてまいります。

● 東京大学臨海実験所との連携による海洋教育教材の開発につきましては平成 25年度は対象校を広げ、海洋教育教材の開発と、それと並行した情報発信をさらに進めてまいります。

● 平成 27年度の完成を目指し、新三崎中学校の体育館と武道場の建設設計を実施いたします。

● 旭小学校に太陽光発電設備、風力発電設備および蓄電池を設置し、体育館の照明設備を LEDに変更いたします。発電設備の設置により、夜間における体育館の学校開放や災害時における避難所の電源としての活用が可能となります。

● 子育て支援課に変えて、より市民の皆さまに分かりやすい名称である子ども課を設置いたします。子ども課には、就学前児童関連事務を集約するとともに総合相談窓口を設置することにより、子育て施策の一元化を目指した取組を進めてまいります。

● 小児医療につきましては、平成25年度は引き上げを見送ることといたしましたが、毎年 1学年ずつの引き上げを平成26年度から再開したいと考えております。

● 平成 24年度から個別胃がん検診において、より簡便で受診しやすい胃がんリスク検診を導入いたしました。平成25年度は集団検診へも拡大を図ってまいります。

● 市立病院につきましては、CTの更新のほか、病院業務医療情報システムの更新および電子カルテの導入に取り組んでまいります。

● 三浦縦貫道路Ⅱ期整備区間の完成のために県が実施する国道 134号の初声小学校入口交差点の改良工事に伴い、市道改良工事のための用地買収や道路詳細設計等を実施いたします。

● 良好な景観形成を促進するため、景観計画案や景観条例案を作成してまいります。また、風致地区の見直しに関しましては、市民意見募集を行いながら、見直し素案を作成してまいります。

● ごみ処理に関しましては、アクションプログラムを作成し、各種取組を実施しております。平成 25年度は、一般ごみの排出量マイナス 8%を目指してまいります。

 

§5 「ロハス」な魅力で選ばれるまち

● 企業誘致につきましては、継続的な誘致活動の結果、二町谷地区の約4.4ヘクタールについて売払申請書が提出され、売買契約の締結に向けた協議を進めております。

● 下町・城ケ島地区の、新たな観光の核づくりにつきましては、今後、民間企業から事業提案を受けながら、核づくりに向けて、地元とともに推進してまいります。

● 平成 25年度からは、「みうら誘客プロモーション事業」として一本化し、広域的かつ戦略的な営業を実践することにより、これまで以上に、国内の宿泊・日帰り旅行や教育旅行、外国人観光客の誘致を目的としたプロモーションを実施し、誘客強化を図ってまいります。

● 平成 26年 3月 2日に「第 32回 2014三浦国際市民マラソン」を開催いたします。ホノルルマラソンと連携し、「みうらの食」を中心としたサブイベント等を充実させながら、みうらファンの獲得を目指してまいります。

● みうら夜市につきましては、三浦の「食」や、三崎下町に残る昭和の風情をコンテンツとして、第 5回目をさらなる市民協働により地域と一体となり開催します。

● 昨年 10月に三浦商工会議所により誕生した、ご当地キャラクター「三浦ツナ之介」を活用した観光宣伝活動を支援してまいります。

● 三崎漁港につきましては、県が実施する必要な整備に対して事業費の一部を負担いたします。平成 25年度は、二町谷地区の越波対策工事ほかが、一部負担の対象となります。

● 農業青年が希望をもって農業経営に取り組めるように、引き続き男女の出会いの演出を始めとした農業後継者対策の活動を支援するとともに、農道・排水路の整備を実施いたします。

 

§6 「3つのS」で高効率・高性能の財政体質を持つ市役所

● 財源対策委員会は、受益者負担の適正化、資産の処分、補助金の見直し、事業の縮減・休廃止等、27の取組を行い、その増収・削減効果額は約1億3千7百万円となっております。

● 人件費については、本市の非常に厳しい財政状況や、国家公務員の給与減額措置を踏まえ、平成 25年 4月からは任期中の独自削減を、私については給料月額の削減率を 30%とし、副市長は 20%に、教育長は 15%にそれぞれ削減率を引き上げました。

● 退職手当についても、削減することとし、3人の給料と手当の合計で、647万円の削減をすることといたしました。

● 行政職および消防職の管理職職員の給与につきましても、平成 25年4月1日からの1年間、給料月額を 5%引き下げることとし、削減により、全会計で年間約 3,406万円の削減をすることとなります。

● 勤労市民センターにつきましては、昨年8月に、平成25年度末をもって廃止する方針を決定いたしましたが、引き続き利用団体の方々の理解をいただくための協議を進めてまいります。

● 統合後の三崎中学校の跡地利用につきましては、地域経済の活性化を考慮した検討を行い、平成 25年度中に方針を策定する予定です。

● 引き続き、ふるさと納税制度を活用して寄附をしていただいた市外の方に対し、市内事業者とタイアップして三浦市特産品を贈呈いたします。

● 市税につきましては、差押不動産等の公売を含め滞納処分を積極的に実施し、平成 24年度決算見込と比較して、現年課税分、滞納繰越分合わせて 2.0ポイントの収納率向上を達成いたします。

 

§7 おわりに

● 身の丈に合った財政を目指した財政健全化への取組、人口減少への対応、二町谷埋立地の売却、県立三崎高等学校跡地の利活用など困難な政策課題が山積みともいえる状況であります。これら政策課題を一つ一つ確実に解消していかなければなりません。

● 今後も厳しい状況が続き、すでにある課題だけでなく新たな課題も生じてくることと思います。様々な課題を克服するためには、市長として、いかに正しい判断をするか。そして、いかに情熱をもって、いかに粘り強く取り組んでいくか。それに尽きると考えております。

● 2期8年間の経験を生かし、経験に加えて新しい発想や様々な意見を取り入れながら、課題の克服に取り組んでいきます。市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

2月28日開催の平成25年第1回三浦市議会定例会において吉田市長が演説した「平成25年度施政方針」を要約しました。

 

 

 ============================

三浦市長選挙・三浦市議会議員補欠選挙の投票日は6 月16 日です

============================

6月28 日(金)任期満了による三浦市長選挙と、同時に行う三浦市議会議員補欠選挙は、6月9日(日)が告示日、6月16日(日)が投票日です。期日前投票期間は6月10日(月)~ 6 月15 日(土)です。

■立候補予定者向け事前説明会を開催します

 日時 5月10日(金)10時~12時          市長選挙立候補者向け

13 時30 分~ 15 時30 分            市議会議員補欠選挙立候補者向け

 場所  青少年会館3 階 会合室

■投票区が変わります

6月1日(土)以降の選挙から投票区が変わり、従来の21投票区から20投票区へ変更になります。詳細は『三浦市民』5月号と市ホームページでお知らせします。

問合せ 選挙管理委員会事務局(内線436・438)

 

 

============================

市の組織の一部を再編します

============================

4月1日(月)にスタートする次期実施計画の推進体制を整備すること、市の厳しい財政状況を踏まえ組織のスリム化を図ること、市民の利便性向上のために市民の皆さんに分かりやすい名称とすることの3点を目的として、4月から市の組織の一部を再編します。組織の名称や業務の担当部署等主な変更は次のとおりです。

■部と課の名称が、市民の皆さんに分かりやすい名称に変わります。同時に、組織のスリム化を図ります。

1 部の名称変更等

新しい名称

今までの名称

政策部

政策経営部

総務部

行政管理部

市民部

市民協働部

経済部

経済振興部

都市環境部

都市部・環境部(除く下水道課)

上下水道部

水道部・環境部(下水道課)

 

2 課の名称変更

新しい名称

今までの名称

政策課

政策経営課

防災課

危機管理課

市民協働課

協働推進課

市民サービス課

市民課

観光商工課

商工観光課

都市計画課

計画整備課

税務課

税制課

子ども課

子育て支援課

消防総務課

庶務課(消防本部)

 

3 組織のスリム化

廃止する課等

一体感総務室

もてなし総務室

生活支援総務室

都市総務室

 

■担当部署が変わります。就学前児童関連事務を集約し、子どもの総合相談窓口を設置します。

新しい担当部署

今までの担当部署

担当部署が変わる業務

子ども課

なし

子どもに関する総合相談窓口の新設

子ども課

総務課(教育部)

私立幼稚園に関する事務

子ども課

福祉課

生活訓練会等療育に関する事務

その他の組織の名称等に、変更はありません。

問合せ 政策課(内線209)

 

 

============================

国の機関が新港埠頭交流拠点へ移転します

============================

国の各機関が下表の日程で横須賀地方合同庁舎(横須賀市新港町1-8)に移転します。

名称

業務開始日

階数

電話番号・問合せ

関東財務局横浜財務事務所横須賀出張所

4月8日(月)

5階

823-1047

南関東防衛局横須賀防衛事務所

4月22日(月)

7階

822-2254

横浜地方法務局横須賀支局

4月30日(火)

1、2階

825-6511

横浜地方検察庁横須賀支部・横須賀区検察庁

5月7日(火)

6階

823-1588

横須賀税務署

5月13日(月)

3、4階

824-5500

横須賀労働基準監督署

5月20日(月)

5階

823-0858

 

 

 ============================

ごみのお知らせ

============================

■ごみダイエット大作戦の継続が必要です!~水切りの徹底を~

「ごみダイエット大作戦 プラ混入NO!水切り徹底!」をキャッチフレーズに一般ごみへのプラスチックの混入防止と生ごみの水切りの徹底に取り組んでいただいています。その結果、平成24年10月から5カ月連続で一般ごみのプラスチック混入率は目標の5%以内となっていますが、水分率は、まだ60%を超えており、目標の50%以内に達していません。

横須賀市で継続して三浦市の一般ごみを焼却していただくためには、一般ごみへの「プラスチック混入防止」、「生ごみの水切り徹底」と併せて一般ごみの減量に努めなければなりません。

引き続き、市民一人一人が「ごみダイエット大作戦」に取り組むことが必要です。

■「ごみダイエット大作戦」アクションプログラム

平成25年度から三浦市の一般ごみを横須賀市で焼却をお願いするため、ごみ質の改善に向けた行動指針として、平成24年度に「ごみダイエット大作戦」に関するアクションプログラムを策定し21の取り組みを実践してきました。その結果、昨年12月19日に、横須賀市南処理工場での一般ごみの焼却に関する合意書を締結することができました。今後も、さらなるごみの減量化・資源化を目指し、「ごみダイエット大作戦」に取り組む必要があることから、平成25年度の新たなアクションプログラムを策定しました。

このアクションプログラムに沿って、職員一丸となってごみの減量化・資源化に取り組みますので、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

なお、平成25年度の「ごみダイエット大作戦」に関するアクションプログラムについては、市ホームページ内の「環境・ごみ・リサイクル」のページからご覧いただけます。

■ご注意ください!! 横須賀市南処理工場に三浦市民が個人でごみを持ち込むことはできません!

■建設業の皆さんへ ~産業廃棄物搬入について~

平成25年4月から建設現場で発生する紙くず、木くず、コンクリートくず、繊維くず(工作物の新築、改築、除去に伴って生じたもの)などの産業廃棄物の搬入ができなくなりました。

■4月の埋立ごみ、枝木・草葉類の収集日のお知らせ

区分

三崎地区

南下浦地区・初声地区

埋立ごみ

10日、24日(第2、4水曜日)

12日、26日(第2、4金曜日)

枝木・草葉類

3日、17日(第1、3水曜日)

5日、19日(第1、3金曜日)

ごみを出す日を間違えないようにお願いします。

問合せ 廃棄物対策課(内線291・299)

 

 

============================

各種無料相談のご案内(5月)

============================

種別

日程

時間

会場

問合せ先

相談担当者

法律相談

8日(水)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

弁護士

法律相談

23日(木)

13:00~15:00

南下浦市民センター2階集会室

内線319

弁護士

法律相談

24日(金)

10:00~12:00

三浦市総合福祉センター

888-7347

弁護士

女性相談

16日(木)

10:00~15:00

市役所分館市民相談室2

内線313

女性相談員

人権相談

2日(木)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

人権擁護委員

行政相談

10日(金)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政相談委員

住まいの相談

9日(木)

14:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

建築士

建築大工技能士

犯罪被害者相談

17日(金)

9:00~12:00

市役所分館市民相談室1

内線311

専門相談員

登記測量相談

21日(火)

14:00~16:00

南下浦市民センター2階集会室

内線319

司法書士

土地家屋調査士

成年後見相談

22日(水)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政書士

宅地建物相談

23日(木)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

宅地建物相談員

高年齢者出張職業相談

8日(水)・ 22日(水)

13:30~17:00(受付終了16:30)

勤労市民センター

内線77324

高齢者職業相談員

消費生活相談

毎週月・木(祝日は順延)

9:30~15:30

市役所分館市民相談室 1

内線313

消費生活相談員

教育相談

月~金

(祝日を除く)

9:00~16:00

教育相談室

881-3380

教育相談員

一般相談

月~金

(祝日を除く)

8:30~17:15

市民サービス課お客様センター

内線319

担当職員

※相談はいずれも無料で、シロ抜きの相談は予約制(定員有)です。5月8日(水)・23日(木)の法律相談、人権相談、住まいの相談、犯罪被害者相談、登記測量相談、宅地建物相談は4月10日(水)から予約を受け付けます。

 

 

 ============================

平成 25年度 住宅リフォーム助成制度のご案内(10万円以上のリフォームで一律5万円)

============================

助成対象

●市内の施工業者で行う 10万円(消費税等を除く)以上の工事

●市内に在住で三浦市に住民登録をし、市税の滞納をしていない方

●市内に所有し、自ら居住している専用住宅、併用住宅およびマンション(賃貸は除く)

●住宅本体に係る機能維持・向上、住環境の向上のための修繕、模様替え、増築等

申込受付について

●助成件数           60件

●助成金額           一律5万円

※申請件数が予定件数を超えた場合は抽選となることがあります。

件数

受付期間

(土・日・祝日を除く)

受付場所

受付時間

1期

40

4月10日(水)~4月25日(木)

市役所分館3階

財産管理課

9時~12時

13時~16時

2期

20

8月1日(木)~8月20日(火)

市役所分館3階

財産管理課

9時~12時

13時~16時

 

○ 対象となるリフォーム工事(例)

×対象とならないリフォーム工事(例)

○耐震改修工事に伴うリフォーム○既存住宅の増築○浴室、トイレ等の水周りのリフォーム○屋根の葺き替え、塗装、防水工事○外壁の張替、塗装などのリフォーム○床・壁・天井の張替、塗装などのリフォーム○部屋の間仕切の撤去変更などの工事○畳、ふすま紙などの取替や張替 ○サッシ、玄関ドアなどの取替○雨どいの取替、補修○バリアフリー改修工事

●店舗、工場、事務所等のリフォーム●門扉、フェンス、ブロック塀等の外構工事 ●車庫、物置、倉庫等の工事 ●樹木のせん定等の植栽工事●下水道、合併処理浄化槽そう工事●防犯ライト・カメラ設置工事 ●太陽光発電、太陽熱高度利用設備の設置工事 ●電話、インターネット、テレビアンテナの設置 ●エアコン、ガス・石油暖房器具などの家電設備

【注意事項】 ◆交付決定前に工事を着手あるいは完成しているものは対象となりません。 ◆平成26年3月31日までに工事が完了するものに限ります。◆同一の住宅に対して 1回のみの助成です。◆申請書は、市ホームページからダウンロードするか、市役所、南下浦・初声市民センター、また三崎口・三浦海岸駅ラックに置いてあります。

※他の助成・補助金制度を利用しているものは対象となりません。詳しくはお問い合わせください。

問合せ 財産管理課(内線254・255)

 

 

============================

平成 25年度        犬の登録と狂犬病予防集合注射のお知らせ

============================

狂犬病予防法により、登録(生涯 1回)と狂犬病予防注射(毎年 1回)が飼い主に義務付けられています。

平成 25年度の犬の登録と狂犬病予防集合注射を下記の日程・会場で行います。

ご都合のよい会場・時間を選んでご来場ください。(三浦市民に限ります)

◇日程・会場・時間

日程

会場

時間

4月12日(金)

和田児童会館

9時30分~10時

4月12日(金)

三戸消防団詰所前

10時30分~11時

4月13日(土)

三浦市体育館(城山)前

9時~10時

4月13日(土)

南下浦市民センター

11時~12時30分

4月13日(土)

初声市民センター

14時~15時30分

4月15日(月)

菊名児童会館

9時30分~10時

4月15日(月)

上宮田児童会館

10時30分~11時

4月15日(月)

沓形公園

13時30分~14時30分

4月16日(火)

宮川児童会館

10時~10時30分

4月16日(火)

原区民会館

11時~11時30分

4月16日(火)

天神町公園

13時30分~14時

4月16日(火)

尾上中央公園

14時30分~15時

4月17日(水)

飯森児童会館

9時30分~10時

4月17日(水)

三浦合同庁舎(1階駐車場)

10時30分~11時30分

4月18日(木)

城ケ島漁業協同組合

9時~9時30分

4月18日(木)

向ケ崎公園

10時~10時30分

4月18日(木)

市場前朝市会場

11時~11時30分

4月18日(木)

大宝院公園

13時30分~14時

4月19日(金)

松輪公園

9時30分~10時

4月19日(金)

円福寺(金田)

10時30分~11時

4月19日(金)

旧三崎高校校舎前

13時30分~14時30分

※荒天の場合は中止になります。(荒天で中止になる会場が発生した場合のみ、4月 22日(月)10時~11時に旧三崎高校校舎前にて実施します。)

◇持ち物

登録済みの犬の所有者は、「案内はがき」の問診票を記入のうえ持参してください。(案内はがきは「平成 25年3月1日以前に犬を登録済み」の所有者に対し発送しています。)

◇料金

・登録済の犬:3,500円(注射料金 2,950円 手数料550円)

・新規登録の犬:6,500円(注射料金 2,950円新規登録料 3,000円 手数料 550円)

※会場での混雑防止のため、なるべく釣銭が出ないようご協力お願いします。

◇会場での注意点

○ご来場の際は、犬を押さえられる人の同行をお願いします。犬を押さえられないと注射が打てない場合があります。(会場で注射接種ができない場合は、個別に動物病院で接種をしてください。)

○犬を押さえられないと咬傷事故等の原因になる場合がありますので、飼い主の方は十分注意してください。

○会場での事故等は、市および獣医師会では責任を負いかねます。十分注意してください。○会場内でのふん等の後始末は、飼い主が責任を持って行ってください。

◇集合注射会場で行えるその他手続き(手続き費用は無料です。登録済の犬鑑札を持参してください。)

●犬が亡くなった場合の死亡手続き●犬を他人から譲り受けた場合の手続き●市内転居などに伴う登録事項変更の手●他市から転入してきた犬の手続き

これらの手続きが必要な方は、受付職員までお申し出ください。

問合せ 環境課(内線296)

 

 

 ============================

第16回わんぱく相撲三浦場所開催

============================

相撲競技の普及を通し、児童の体力づくりと健全育成を目的として、「第 16回わんぱく相撲三浦場所」を開催します。たくさんのお申し込みをお待ちしています!

日時 5月 12日(日) 雨天決行

   8時 30分 開会式(8時受付開始)

場所 若宮相撲場(初声小学校隣接)(雨天時は、初声小学校体育館)

参加資格 市内在住または在学の小学生(1~6年生の男子および1~3年生の女子 ※この大会は「第29回わんぱく相撲全国大会」の予選を兼ねているため、予選対象者(個人戦の4~6年生)は、わんぱく相撲全国大会規定により男子のみとしています)。

参加料 無料(主催者がスポーツ傷害保険に加入)

種別 

①団体戦 

・小学生低学年の部(先鋒-1年生、中堅-2年生、大将-3年生)

・小学生高学年の部(先鋒-4年生、中堅-5年生、大将-6年生)

※低学年・高学年とも、監督1人、正選手各学年1人の3人と補欠選手各学年1人の3人で計6人を1チームとする。補欠なしの3人での参加も可能。ただし、試合途中ケガ等で交代選手がなく 1人での対戦は、棄権とみなします。

②個人戦 

・小学生 1~ 6年生の部

申込み 個人戦は各自で、団体戦は各チーム監督が取りまとめ、所定の用紙に記入のうえ4月22日(月)までにわんぱく相撲三浦場所実行委員会事務局(スポーツ課 [潮風アリーナ内])にお申し込みください。

※受付は、祝日を除く月曜日~金曜日の8時30分~ 17時15分。当日の参加申し込みは、一切認めません。

問合せ スポーツ課(内線403)

 

 

============================

みうら観光ボランティアガイド養成講座

============================

みうら観光ボランティアガイド協会では、今後も活動を発展、継続させていくため、観光ボランティアガイド養成講座を開講します。

 

日程 全5回

【座学3回】5月13日(月)・27日(月)・7月1日(月)各回19時~20時30分

【現地実習2回】6月2日(日)8時30分~13時、6月16日(日)9時~13時

場所 南下浦市民センター。そのほか現地実習講座(三崎、城ケ島等)あり

定員 15人(先着順)

講師 みうら観光ボランティアガイド協会 田中健介会長ほか会員

受講料 無料(現地実習時の移動交通費、昼食代などは自己負担)

応募資格 18歳以上(高校生不可)。受講終了後、みうら観光ボランティアガイド協会に加わり一緒に活動をしてくれる意志のある方

申込期間 4月15日(月)~5月9日(木)

申込方法 住所・氏名・電話番号を電話、FAXまたは Eメールでお知らせください。FAX・ Eメールの場合、「みうら観光ボランティアガイド養成講座受講希望」と明記。

申込み・問合せ ①または ②

  • 1(社)三浦市観光協会(888-0588、FAX888-5914、Eメール: info@miura-info.ne.jp
  • 2市観光商工課(内線77323・77324、FAX882-5010、Eメール: keizai0101@city.miura.kanagawa.jp)

 

 

============================

微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起について

============================

県では、PM2.5の濃度が国の定めた注意喚起の暫定指針値である日平均値 70μg/.を超えるおそれがあると判断した場合、屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす、屋内では換気や窓の開閉を必要最小限にする等の注意喚起を行います。

PM2.5に関する情報は、以下よりご確認ください。

情報提供   ①PM2.5のテレホンサービス: . 045-210-5980

       ②県ホームページ: http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7009/p616117.html

③市ホームページ: http://www.city.miura.kanagawa.jp/kankyousoumu/pm25.html

問合せ 県大気水質課(045-210-4111)

 

 

 ============================

募集

============================

============================

三浦市青少年姉妹都市国際交流派遣生募集

============================

青少年の国際的視野を広げることを目的として、中・高校生を姉妹都市であるオーストラリア・ウォーナンブール市へ派遣し、異なる文化・生活習慣等の理解と青少年同士の交流を深めます。

対象 平成25年 4月1日現在、保護者および本人が 1年以上継続して三浦市に住所を有している、中学2年生から高校生

派遣期間 8月1日(木)~16日(金)

派遣人数 中学生、高校生 計 10人

参加費 1人当たり渡航費(旅行代金)の4分の3の金額(千円未満切り捨て、なお渡航費の上限負担額は10万円)、および成田空港までの往復にかかる高速道路代の派遣生1人当たり相当額

※渡航費:航空運賃(航空券代)、成田空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ、航空保険料、査証手数料および渡航手数料。(平成 24年度の成田空港までの往復にかかる高速道路代の派遣生 1人当たり相当額は、1,300円)。

※派遣参加者として決定した後に、自己都合により辞退する場合は、航空運賃等のキャンセル料を負担していただくことがあります。

応募期間 4月2日(火)~27日(土)

応募方法 所定の申込書(青少年会館、南下浦・初声市民センター、市内各中学校・高校にあります)を青少年教育課(青少年会館内)に提出してください。なお、市内中学校在籍者は学校を通してお申し込みください。

選考試験

 ・作文試験日 5月 12日(日)

 ・面接試験日 5月 26日(日)

 ・場所 いずれも青少年会館

問合せ 青少年教育課(祝日を除く火曜日~土曜日、882-2765)

 

============================

お知らせ

============================

============================

市の土地を購入しませんか~販売中の市有地~

============================

(1)尾上町 1210番 90

実測面積 659.11㎡

売却価格 26,160,000円

地目 宅地

(2) 三崎町小網代字鷺野 1095番 12・同番 35

実測面積 178.53㎡

売却価格 6,370,000円

地目 雑種地・宅地

(3)宮川町82番

実測面積 1,007.28㎡

売却価格 52,900,000円

地目 雑種地

市ホームページ「市有地売却等のご案内」もご覧ください。

問合せ 不動産活用課(内線482)

 

============================

平成 25年度土地および家屋価格等縦覧帳簿の縦覧について

============================

平成 25年度固定資産税の土地および家屋の評価額等が記載された縦覧帳簿を無料でご覧になれます。縦覧できる方および期間は、次のとおりです。なお、縦覧の際には、本人確認ができるものをお持ちください。

土地価格等縦覧帳簿 土地の固定資産税納税者

家屋価格等縦覧帳簿 家屋の固定資産税納税者

縦覧期間 4月1日(月)~ 5月31日(金) 8時30分~ 17時15分(土・日・祝日を除く)

縦覧場所 税務課窓口

また、縦覧期間中、納税義務者の自己の固定資産課税台帳の閲覧(税務課窓口のみ)について、固定資産名寄帳の写しを無料で交付します。

 

============================

固定資産税の新築住宅の軽減期間終了について

============================

平成 21年中に建てられた 2階建て以下の住宅および平成 19年中に建てられた3階建て以上の住宅で一定の要件を満たすものについては、平成 24年度まで新築住宅の軽減措置が適用されていましたが、軽減期間が終了したので、平成 25年度課税分から本来の税額となります。

家屋の固定資産税減額について

耐震改修工事、バリアフリー改修工事、省エネ改修工事を行い、一定の要件を満たす場合、家屋の固定資産税の減額を受けることができます。詳しい内容は市ホームページをご覧いただくか担当までお問い合わせください。

問合せ 税務課(内線243・248)

 

============================

合併処理浄化槽設置費用を補助します

============================

現在お住まいの家で単独処理浄化槽またはくみ取り便槽から合併処理浄化槽への変更を検討している方に予算の範囲内で設置費用の一部を補助します。ただし、建築確認申請を伴う新築または増改築の場合は、対象になりません。

対象者 市内に 1年以上お住まいの方

対象地域 公共下水道事業認可区域以外の市内全域

受付期間 4月 1日(月)~ 12月 13日(金)

ただし、計画基数を満たした場合または予算がなくなった場合は、受付終了となります。

問合せ 下水道課(内線263)

 

============================

三浦市社会教育講座

============================

  • 1親子農業体験教室

日時 4月13日~10月5日までの全10回 各回土曜日          各回9時~11時30分頃

申込開始 4月8日(月)

  • 2健康マージャン入門講座

日時 4月18日~6月5日までの毎週水曜日              各回10時~12時

申込期間 4月5日(金)~12日(金)

場所 ①②とも南下浦市民センター

申込み・問合せ南下浦市民センター(888-0040)

 

============================

4月23日~5月12日「子どもの読書週間」

読書をすることは、「考える力」「感じる力」「表現する力」などを育てます。

たくさん読んで、大きくなーれ!

問合せ 生涯学習課(内線411)

============================

 

============================

就学援助制度のお知らせ~平成25 年度の申請受付開始~

============================

就学援助制度とは、お子さんを市内の小中学校へ通学させるにあたり経済的な理由でお困りの方へ給食費などの費用を援助する制度です。

平成24 年度までにこの制度の適用を受けたことがある方も含め、平成25 年度に希望される方は全員、新たに申請書の提出が必要です。申請書を提出された方のうち審査の結果資格を満たすと認定した方に援助費を交付します。

申請書は学校教育課(青少年会館2 階)および各学校にあります。市ホームページからも入手できます。

なお、「就学援助制度(25 年度)のお知らせ」を4 月初め各学校からお子さんを通じて全ての保護者の方に配付します。詳しくはそちらをお読みください。

当初認定申請提出締切 5 月31 日(金)

申請書提出先 学校教育課または各学校

問合せ 学校教育課(内線409)

 

============================

災害に強いまちづくりのために

木造住宅耐震診断・改修工事を補助します

============================

市では、災害に強いまちづくりを目的に、木造住宅の耐震性を向上させる耐震改修工事の工事費等の補助を実施しています。

対象となる建物は、次の①~③の条件を全て満たしたものです。

① 昭和56 年5 月31 日以前に建築された建物

② 2 階建以下の在来工法の木造住宅

③ 建物の所有者および使用者で居住している方

市で行っている簡易診断を既に受けている方は、一般診断から受けられます。

一般診断・補強設計・耐震補強工事の補助制度は単独では利用できません。

必ず簡易診断から受けていただく必要があります。申し込みをされる前に、まず財産管理課にご相談ください。

なお、市では耐震診断や耐震補強工事などについて訪問、電話での戸別勧誘は一切行っていません。

問合せ 財産管理課(内線254・255)

 

============================

三浦市役所地球温暖化対策実行計画~平成23 年度温室効果ガス排出量について~

============================

市は「三浦市役所地球温暖化対策実行計画」を策定し、市の事務や事業によって排出される温室効果ガスに対する削減目標を定めています。

このたび平成23 年度温室効果ガスの排出量がまとまりましたので、お知らせします。

平成23 年度温室効果ガス排出量: 6,601,577㎏ -CO2(旧基準ベース)

この排出量は「三浦市役所地球温暖化対策実行計画」で定めた温室効果ガス排出に関する基準年度(平成17 年度)排出量9,037,112㎏ -CO2 に対して27%の削減になります。

また、詳細については、市ホームページにも掲載しています。

問合せ 環境課(内線289)

 

============================

し尿処理手数料(し尿のくみ取り)の手続きについて

============================

現在、くみ取り式(浄化槽または公共下水道でない)のトイレをお使いの方(事業所含む)で、次のような変更等が生じた場合は、手数料の金額が変更になることがありますので、環境課で手続きをしていただく必要があります。

○市内で転居する場合○市外に転出する場合○市外から転入した場合○使用人数の変更や世帯主の変更があった場合○浄化槽へ接続または下水道に接続した場合○簡易水洗トイレに改良した場合○店舗や事務所で廃止および事業者変更があった場合○世帯分離または世帯合併をした場合○くみ取り式トイレの数、便槽数に変更が生じた場合

また、4 月は一般家庭以外(簡易水洗トイレを使用している世帯および店舗・事務所)に第1 期の納入通知書を送付します。4 月30 日(火)が納期限となっていますので、納入通知書が届きましたら、お支払いをお願いします。

お支払いには口座振替がご利用できます。口座振替をご希望の方は、市役所(各出張所)・金融機関に申込用紙がありますので、お申し出ください。

問合せ 環境課(内線297)

 

============================

風致地区の見直しに関するアンケート~集計結果を公表します~

============================

市では現在、都市計画マスタープランに基づき、風致地区の見直しに関する取組を進めています。この見直し作業を進めるにあたり、市民の皆さんから幅広いご意見をいただくため、昨年9 月にアンケートを実施しました。その集計結果を市ホームページのほか次の場所で公表します。ぜひ、ご覧ください。

アンケートにご協力頂いた市民の皆さん、ありがとうございました。

閲覧場所 市役所分館3 階都市計画課窓口、南下浦・初声出張所

問合せ 都市計画課(内線273)

 

============================

市内放射線量等について

============================

3 月15 日(金)現在、市内・近隣産の農水産物、市内の上水道および下水道汚泥等の放射線濃度ならびに施設(公園、学校等)大気中の放射線量は、すべて安全の目安を下回っています。

問合せ 防災課(内線256 ~ 258)

 

============================

第5 回アフリカ開発会議に伴う交通規制にご協力ください

============================

6月1日( 土) ~ 3日(月)、横浜市(パシフィコ横浜)で第5 回アフリカ開発会議が開催されます。国内外から多数の要人が参加する国際会議であるため、会場となる「みなとみらい地区」では、一部で短時間の交通規制を行う予定です。ご協力をお願いします。

問合せ 三崎警察署警備課(881-0110(代))

 

============================

つなのすけが『三浦市民』に登場

============================

今月号の表紙で「三浦ツナ之介」(通称「つなのすけ」)が『三浦市民』に初登場しました。

つなのすけは、市内郵便局に勤務する新倉さんの原画をもとに、三浦商工会議所がご当地キャラクターとして制作。昨年秋に誕生しました。今後『三浦市民』紙面で登場します。

問合せ 市民協働課(内線311)

 

============================

催し

============================

============================

初声市民センター社会教育講座工芸講座 つるしびな

============================

内容 和布を使って七宝まり・花を作ります。

日時 5 月8 日(水)・15 日(水)13 時~16 時 (2 回とも参加可能な方)

場所 初声市民センター研修集会室

講師 田邉 伊久代氏

対象 市内在住・在勤者24 人(先着順)

参加費 1,000 円(材料費)

持ち物 裁縫道具、筆記用具、めうち

申込み・問合せ 4 月16 日(火)から電話または直接、三浦市社会教育講座実行委員会(初声市民センター)へ(888-1626)

 

============================

第12 回三崎甚句・ダンチョネ節コンクール全国大会

============================

入場無料。ご来場をお持ちしています。

日時 4 月14 日(日)開演9 時30 分

場所 三浦市民ホール(うらり2 階)

部門 三崎甚句(一般の部) ダンチョネ節(一般の部) ダンチョネ節(高年の部)

問合せ 生涯学習課(内線412)

 

============================

福祉のひろば

============================

============================

育成医療と養育医療の申請窓口が変わります

============================

育成医療と養育医療の申請窓口が4月1日より、三崎保健福祉事務所から市役所に変わります。

育成医療は福祉課、養育医療は保険年金課で受け付けます。

※育成医療、養育医療とも、医療費の一部を公費により負担する制度です。

育成医療は障害または将来障害を残すと認められる児童が、その障害を除去・軽減する効果が期待できる治療を受ける場合、養育医療は身体の発育が未熟なまま生まれ、入院治療を受ける場合に対象となります。

問合せ 福祉課(内線361・362)、保険年金課(内線302・303)

 

============================

介護保険料の納め忘れはありませんか

============================

新年度が始まりましたが、以前の保険料の納付について、もう一度納付書等でご確認をお願いします。

保険料が未納のままだと、延滞金がかかったり、介護サービスを利用するときの自己負担額が通常1 割のところ3 割になる等の給付制限措置がとられます。

平成 24年度以前のもので納めていなかった納付書をお持ちでしたら、高齢介護課までご連絡ください。また、納付がどうしても困難な場合は、納付のご相談を受け付けていますので、印鑑をお持ちの上、市役所の高齢介護課までお越しいただくか、電話連絡をお願いします。未納の保険料がある方は、できるだけ早く納付してくださいますようお願いします。

問合せ 高齢介護課(内線352・354)

 

============================

日本赤十字社 東日本大震災義援金の募集期間が延長

============================

東日本大震災被災者に対する義援金の受け付けが、平成26年3月31日(月)まで延長となりました。皆さんのご協力をお願いします。

日本赤十字社神奈川県支部三浦市地区での受け付け場所は、福祉課(福祉会館内)、南下浦出張所、初声出張所の3カ所です。

※物品の寄贈は受け付けていません。

問合せ 福祉課(内線355)

 

============================

エイズ検査のご案内

============================

○エイズ検査(匿名・無料・事前予約制)感染の機会があってから約3カ月(12週間)経過してからお受けください。

検査結果は 1週間後に本人へ面接にてお知らせします。

日時 4月22日(月)9時~11時30分

申込み・問合せ 三崎保健福祉事務所保健予防課(882―6811)

 

============================

メンタルヘルス相談のご案内

============================

○精神科医による相談(予約制・秘密厳守)

 「うつ」や「不眠」・ひきこもり・「アルコール」や「薬物」・統合失調症などの病気・認知症などのご相談に応じます(ご自身のこと・ご家族の対応)。

日時 4月19日(金)・23日(火)いずれも 10時~

○福祉職や保健師による相談(随時受付)

申込み・問合せ 三崎保健福祉事務所保健予防課(882―6811)

 

============================

みうらふれあいサロンの開催場所が増えます

============================

平成 25年 4月から、第 2・第 4火曜日に南下浦市民センターにて開催します (南下浦地区・初声地区の方対象。初声市民センターは今まで通り第 2・第4月曜日に開催)。  

高齢者が気軽に集い、コミュニケーションを楽しむ場として出かける機会・話をする機会になればいいなと思っています。話し相手になります!介護の相談にのります!お茶を飲みながらいろいろな話をしましょう!ぜひ、遊びに来てください。

問合せ はまゆう地域包括支援センター(881-3351)

 

 

============================

「障害者総合支援法」について ~障害者の範囲に難病等の方々が追加されました~

============================

4月1日(月)から、「障害者自立支援法」は、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」となります。

この法律において、制度の谷間のない支援を提供する観点から、障害者の範囲に難病等の方々が追加され、新たに障害福祉サービスの対象となります。詳しくは下記担当窓口までご連絡ください。

担当窓口・問合せ 福祉課 障害福祉担当(内線361・362)

 

 

 ============================

平成25年度版 母子保健事業のお知らせ

============================

平成25年4月から子育て支援課は「子ども課」になりました。赤ちゃんもパパもママも共に色々なことを感じ、育っていくものです。楽しいことやつらいこと、笑ったり泣いたりと過ごす毎日・・・困ったり不安なことが出てきたら気軽に相談してください。

 

■妊婦健康診査

妊娠中のお母さんのために、丈夫で健康な赤ちゃんが生まれるように、妊婦健康診査 14回の補助を行います。

補助金額 1回目: 10,000円

2回目~ 14回目: 3,000円

■妊産婦訪問・新生児訪問

赤ちゃんが生まれたご家庭に保健師・助産師が家庭訪問し、産後のお母さんの身体のこと、母乳のこと、赤ちゃんの発育の確認や育児(赤ちゃんのお世話など)のご相談をお受けします。(出生届や出生連絡票の確認後、ご連絡します。)

■母親・父親教室【要予約】

内容は、 3種類あります。各内容の日時は、下表のとおりです。  

①「お母さんと赤ちゃんの歯の話」、マタニティー“ヨガ”体験   

② プレママパパ体験デー 

 *先輩ママパパのお話    *赤ちゃんの抱っこ体験

 *赤ちゃんのお風呂の入れ方  *お父さんの妊婦体験 など

③「ママ友ランチdeクッキング」(食材費:1人500円)

場所 :健康ぷらっと(三浦合同庁舎 2階) ※③は、合同庁舎 3階

①ヨガ・歯の話

4月15日(月)

13時30分~16時

申込締切:4月12日(金)

8月5日(月)

13時30分~16時

申込締切:8月 2日(金)

12月16日(月)

13時30分~16時

申込締切:12月 13日(金)

②プレママパパ体験デー

5月26日(日)

10時~12時30分

申込締切:5月 21日(火)

9月29日(日)

 10時~12時30分

申込締切:9月 24日(火)

1月26日(日)

10時~12時30分

申込締切:1月 21日(火)

③ ママ友ランチ deクッキング

6月26日(水)

 10時~13時30分

申込締切:6月 21日(金)

10月23日(水)

10時~13時30分

申込締切:10月 18日(金)

2月26日(水)

 10時~13時30分

申込締切:2月 21日(金)

■みまぐっこー0歳児のための赤ちゃん広場―

0歳の赤ちゃんとそのお母さん・お父さんたちの交流の場です。身長・体重の測定、赤ちゃんとのお遊び、育児相談、歯科相談、栄養相談などもしています。

日程 毎月1回、金曜日に開催(4月19日、5月17日、6月14日、7月19日、8月16日、9月20日、10月18日、11月22日、12月20日、1月17日、2月14日、3月14日

時間 10時~11時 30分  

場所 健康ぷらっと(三浦合同庁舎 2階)

対象 2カ月前後から 1歳までの赤ちゃんとお父さんお母さん

持ち物 母子健康手帳・筆記用具・バスタオル・オムツ等

■もぐもぐごっくんー離乳食講習会―【要予約】

離乳食の内容・与え方等について、栄養士・歯科衛生士がお話し、試食をとおしてお口の動かし方を体験します。

日程 5月17日、7月19日、9月20日、11月22日、1月17日、3月14日各回金曜日

    ※予約は、2日前まで

時間 10時~11時(受付9時50分~) 

場所 健康ぷらっと(三浦合同庁舎 2階)

対象 6・7カ月児

持ち物 母子健康手帳・タオル・食事用エプロン(子供用)、使い慣れたスプーン(子供・大人用)

参加費 200円(資料代等)

 

★乳幼児健康診査★ 個別に通知します。通知に記載された時間にお越しください。

事業

3か月児健康診査

10か月児健康診査

1歳6か月児健康診査

2歳児歯科健康診査

3歳児健康診査

場所

三浦合同庁舎

健康ぷらっと

(三浦合同庁舎2階)

三浦合同庁舎

健康ぷらっと

(三浦合同庁舎2階)

三浦合同庁舎

時間

午後

午前

午前

午前

午前

対象

満3~4カ月児

満9~10カ月児

満1歳6カ月児

満2歳6~7カ月児

満3歳6カ月児

内容

計測、医師診察、問診、育児・栄養・お口の相談

計測、医師診察、問診、育児・離乳食・歯科相談

計測、医師診察、問診、歯科健診、育児・食事・発達相談

歯科健診と歯のみがき方やアドバイス、計測、育児・食事相談(フッ素塗布した場合660円)

計測、医師診察、歯科健診、問診、尿検査、視聴覚検査、育児・食事・発達相談

 

日程

対象者

日程

対象者

日程

対象者

日程

対象者

日程

対象者

4月

17日

H 24.12月生

10日

H 24. 6月生

25日

H 23. 9月生

 

 

 

4日

H 21.10月生

5月

15日

H 25. 1月生

8日

7月生

23日

10月生

16日

H 22.12~H 23.1月生

9日

11月生

6月

19日

2月生

12日

8月生

27日

11月生

 

 

13日

12月生

7月

17日

3月生

10日

9月生

25日

12月生

18日

H 22.12~H 23.1月生

11日

H 22. 1月生

8月

21日

4月生

 

7日

10月生

22日

H 24. 1月生

 

 

8日

2月生

9月

18日

5月生

11日

11月生

26日

2月生

19日

2~ 3月生

12日

3月生

10月

16日

6月生

9日

12月生

24日

3月生

 

 

10日

4月生

11月

20日

7月生

13日

H 25. 1月生

28日

4月生

21日

4~ 5月生

14日

5月生

12月

18日

8月生

11日

2月生

19日

5月生

 

 

12日

6月生

1月

22日

9月生

15日

3月生

23日

6月生

16日

6~ 7月生

9日

7月生

2月

19日

10月生

12日

4月生

27日

7月生

 

 

13日

8月生

3月

19日

11月生

12日

5月生

13日

8月生

20日

8~ 9月生

6日

9月生

問合せ 子ども課(内線338・367)

 

 

 ============================

感染症予防のため 予防接種を受けましょう!!

============================

下記一覧と母子健康手帳をよくご確認の上、早めに接種しましょう。

(下記の予防接種が無料で接種できます。)

 

 予防接種法改正に伴い、4月1日から以下の点が変更となりました

・BCG接種時期が変わりました

・ヒブ、肺炎球菌が定期接種になりました

・日本脳炎の積極的勧奨年齢が追加されました

・日本脳炎の特例対象者の範囲が広がりました

予防接種

接種回数

対象

集団接種

BCG

1回接種

生後5カ月~12カ月に至るまで(3か月児健診でお知らせします)

(標準的年齢:生後5カ月~8カ月未満)

個別接種(三浦市が指定する予防接種実施医療機関で接種してください)

四種混合

(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

1期初回

20~56日の間隔で3回接種

1期追加

1期初回(3回)接種

後6カ月以上の間隔をあけて1回接種

生後3~90カ月に至るまで

標準的年齢

 1期初回 生後3カ月~1歳

 1期追加 初回接種終了後1年~1年6カ月後

※原則として、三種混合ワクチン・ポリオワクチンの接種を既に開始されている方は、三種混合ワクチン・ポリオワクチンを接種してください。接種回数・対象は、四種混合と同じです。

二種混合(ジフテリア・破傷風)

1回接種

11~13歳未満 (標準的年齢:11歳)

(13歳の誕生日の前々日まで)

MR(麻しん・風しん混合)

1期 1回接種

2期 1回接種

 

はしか(麻しん)撲滅のため95%

の接種率を目指しています!

1期 生後12~24カ月に至るまで(2歳の誕生日の前日まで)

2期 年長児に相当する年齢

日本脳炎

1期初回

6~28日の間隔で2回接種

1期追加 1回接種

2期 1回接種

 

1期初回 生後6~90カ月に至るまで(標準的年齢3歳)

1期追加 生後6~90カ月に至るまでに1期初回終了後、おおむね1年後に1回接種(標準的年齢4歳)

2期 9~13歳未満(標準的年齢9歳)

 

※3歳児および小学1~4年生、高校3年生に相当する年齢の方に積極的にお勧めしています。

※特例対象者:平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれで、接種が終わっていないお子さんは、20歳未満までの間、接種することができます。

 

標準パターン

対象

接種開始年齢別接種回数

ヒブ

0歳に3回接種

1歳に追加1回

2カ月~5歳に至るまで

(5歳の誕生日の前日まで)

【2カ月~7カ月未満】

初回:4~8週の間隔で3回

追加:3回目終了後

7~13カ月あけて1回

【7カ月~1歳未満】

初回:4~8週の間隔で2回

追加:2回目終了後

7~13カ月あけて1回

【1歳~4歳】

1回

 

肺炎球菌

0歳に3回接種

1歳に追加1回

2カ月~5歳に至るまで

(5歳の誕生日の前日まで)

【2カ月~7カ月未満】

初回:27日以上の間隔で3回

(標準:生後12カ月~15カ月)

追加:3回目終了後60日以上あけて1回

【7カ月~1歳未満】

初回:27日以上の間隔で2回

(標準:生後12カ月~15カ月)

追加:2回目終了後60日以上あけて1回

【1歳】

60日以上の

間隔で2回

【2歳~4歳】

1回

 

問合せ 子ども課(内線338・367)

 

 

============================

平成25年度の国民年金保険料等についてお知らせします

============================

 

1カ月分(納付期限)

半年分(納付期限)

1年分(納付期限)

金納付・通常(定額)

15,040円(翌月末)

90,240円

180,480円

金納付・前納(割引)

 

89,510円(4月30日・10月31日)

177,280円(4月30日)

座振替・通常(定額)

15,040円(翌月末)

 

 

座振替・前納(割引)

14,990円(当月末)

89,210円(4月30日・10月31日)

176,700円(4月30日)

付加保険料(納付月数×200円として受給できる上乗せ年金の保険料)は1カ月400円です。付加年金は納付期限までに納めないと資格喪失となり、改めて申し出が必要となります。ただし、第3号被保険者・国民年金基金加入者は利用できません。

 

※平成25年度の保険料納付書は、4月上旬より随時、日本年金機構から郵送されます。

【口座振替制度】 基礎年金番号(年金手帳または納付書)・金融機関届出印・預金通帳を持参し、金融機関・郵便局または年金事務所で申請してください。郵送申請については日本年金機構のウェブサイトをご覧ください。表④の半年分の前期前納と1年分の前納の新規申込締切は毎年2月末、半年分の後期前納の新規申込締切は毎年8月末です。

【クレジットカード納付制度】 割引率は納付書の現金前納と同じになります。申出書は保険年金課や出張所にもありますが、申請は年金事務所で受け付けます。

【インターネット等納付制度】 パソコンや携帯電話を利用して納めることができます。インターネットバンキングの契約が必要です。ご利用の金融機関にお問い合わせください。

【学生納付特例制度】 在学期間中の保険料を申請から10年以内の後払い(追納)にする制度です。ご希望の場合は学生証(または在学証明書)と認印をお持ちになって、保険年金課または出張所で申請してください。平成24年度分の申請は4月末日が締め切りです。

【就職・離職したら届出を】国民年金加入者が就職して、厚生年金や共済年金等に加入した場合は、保険年金課または南下浦・初声出張所で届け出をしてください。新しく加入した健康保険証・認印・年金手帳をお持ちください(代理人届出可)。

また、離職した場合も離職票や健康保険厚生年金保険資格喪失証明書等・認印・年金手帳をお持ちになって、保険年金課または出張所で届け出をしてください(代理人届出可)。保険料の納付が困難なときは保険料免除制度・若年者納付猶予制度がありますので、ご相談ください。

問合せ 保険年金課(内線302)

 

 

 ============================

国民健康保険について

============================

◆保険証の手続きはお済みですか

4月は卒業・入学や就職・退職など、異動の多い季節です。

異動により加入している健康保険証が変わったら、速やかに届け出をお願いします。

また、就学などで親元を離れて三浦市外で生活される方は、申請すると引き続き三浦市の国民健康保険証が使用できますので、ご相談ください。

◆保険証の提示を

保険証は、病院などで診療を受ける時、必ず窓口で提示してください。また、障害者医療・ひとり親医療・小児医療の受給対象の方は「医療証」を、高齢受給者証をお持ちの方

は、その「受給者証」を添えてください。

「保険証」を提示しないで診療を受けると、医療費は全額自己負担になりますのでご注意ください。

◆退職者医療制度

会社などを退職し、年金を受給されている方(被用者年金の加入期間が 20年以上、または 40歳以後の加入期間が10年以上ある方)は、65歳の誕生日の月末までの間、退職者医療制度から給付を受けられます。年金証書を受け取ったら、印鑑・保険証と一緒に 2週間以内に届け出をしてください。(保険証の右上に退の表示のある方は、手続き済みです。)

この制度での医療費は、本人の自己負担分以外は、保険税と会社の健康保険などからの拠出金により賄われています。

もしも対象となる方が手続きをしないで医療を受けると、本来会社の健康保険などから支払われるべき医療費も国保の負担となってしまいます。

国保の適正運営のためにも、対象となる方は必ず届け出をお願いします。

◆70~74歳の方の自己負担割合

70~ 74歳の方( 3割負担の高齢受給者証をお持ちの方を除く)の自己負担割合の見直し(1割から2割への引き上げ)が引き続き、平成 26年 3月 31日まで 1年間凍結となりました。

このことに伴い、平成25年4月以降も引き続き1割負担となる方には、 3月下旬に新しい高齢受給者証を世帯主様宛に郵送しています。医療機関にかかる際は必ず保険証と併せて提示してください。

◆平成25年度「特定健診(みうら国保健診)」「特定保健指導」を受けましょう

みうら国保健診は、今年度も 6月から始まります。

健診に必要な受診券は 5月下旬に郵送します。実施方法や他の検診などの詳細については、お手元に配られている「健康ですね情報」に掲載しています。がん検診などと同時受診も可能ですので、ぜひ年に 1度健診を受けてください。

 

■保険税(料)のお支払方法について

現在、国民健康保険税または後期高齢者医療保険料を特別徴収(年金から天引き)により納めていただいている方は、平成 25年 4月・ 6月・ 8月も引き続き平成 25年度分として 2月の天引き額と同額が特別徴収される予定です。徴収額については、通知書(国民健康保険税は 3月上旬に郵送したお知らせ、後期高齢者医療保険料は平成 24年度の納入通知書)にてご確認ください。

なお、10月以降の徴収額は、平成 25年度の年間保険税(料)決定後、別途お知らせします。

※ 保険税(料)は、お手続きにより年金からの天引きから口座振替に変更することができます。変更時期等、詳しくは担当課へお問い合わせください。このお手続きで、口座振替により支払った方の社会保険料控除の額が増えることで、世帯全体でみた場合の所得税や住民税の額が少なくなる場合があります。

問合せ 国保税:保険年金課(内線347)、後期保険料:保険年金課(内線302・303・304)

 

問合せ 保険年金課(内線301・317)

 

 

============================

働き盛りの健康づくりセミナー

============================

日頃気になっている“自分の健康 ”について学んでみませんか。メタボリックシンドローム・糖尿病・高血圧・脂質異常症について、健康運動指導士による運動、調理の体験、検査技師・薬剤師による検査・薬の講義などを通して、自分にあった生活習慣を見つけます。

4月26日(金)

5月24日(金)

6月7日(金)

7月19日(金)

〈メタボ〉

歯周病と生活習慣病の関係

<栄養>

ちょっとした調理の工夫

<運動>

運動の消費カロリーを知ろう

<糖尿病>

糖尿病の検査・薬について

時間 9時30分~12時

場所 健康ぷらっと

講師 保健師・歯科衛生士

持ち物 ①

時間 9時30分~12時

場所 健康ぷらっと

講師 管理栄養士・保健師

持ち物 ①・②

時間 9時30分~12時

場所 潮風アリーナ

講師 健康運動指導士

持ち物 ①・③

時間 13時30分~16時

場所 健康ぷらっと

講師 三浦市立病院

   検査技師・薬剤師

持ち物 ①

 

☆持ち物

①筆記用具・電卓 ②エプロン・三角巾・手ふきタオル・食材料費500円程度 ③運動できる服装・上履き・飲み物

☆対象 市内在住の64歳以下 

☆申込み 各3日前までに要予約

申込み・問合せ 健康づくり課(内線370)

 

 

 ============================

健康ぷらっと

============================

平成25年度歩っぽの会年間予定表

生活習慣病の予防を目的としたウォーキング教室です。

一年間を通して、歩く習慣を身に付けます。ウォーキング時間は休憩を含めて約2時間、歩数10,000歩前後、距離約7kmを歩きます。

日程

4月25日(木)

5月23日(木)

6月20日(木)

7月25日(木)

8月22日(木)

9月26日(木)

集合解散

健康ぷらっと

健康ぷらっと

南下浦市民センター

健康ぷらっと

潮風アリーナ

健康ぷらっと

コース

開講式

ウォーキング講座

妙音寺

金田湾

水間神社

ウォーキング講座

油壺

 

日程

10月24日(木)

11月21日(木)

12月19日(木)

1月23日(木)

2月27日(木)

3月27日(木)

集合解散

健康ぷらっと

青少年会館

初声市民センター

福祉会館

南下浦市民センター

健康ぷらっと

コース

宮川

諸磯・歌舞島

黒崎の鼻

城ケ島

小松ヶ池

修了式

合同庁舎周辺

※雨天中止(4月・8月・3月は雨天決行)/予約不要(8月の講座のみ要予約)です。

8月の予約は、7月25日(木)から受け付けます。詳しくは、7月号の『三浦市民』に掲載予定です。

当日の持ち物・注意事項など、詳しくは市ホームページ・健康づくり課に設置しているちらしをご覧ください。 

 

============================

平成25年度歩っぽの会(予約不要・雨天決行)

【4月開催 ウォーキング講座のお知らせ】

日時 4月25日(木) 9時10分~12時   ※9時10分から受付開始です!

場所 健康ぷらっと( 三浦合同庁舎2階)

内容 開講式・ウォーキング講座

対象 64歳以下の三浦市民 

講師 公益財団法人かながわ健康財団 健康運動指導士 高垣茂子先生

持ち物 帽子・ハンドタオル・飲み物・筆記用具

1時間程度のウォーキングがあります。運動しやすい服装・靴でご来場ください。日傘はご遠慮ください。

 

============================

平成25年度 健康診査・がん検診始まります!

詳しくは、一緒に配布されている「健康ですね情報」

(平成25年度保存版)をご覧ください。

集団健診(検診)の受付は、

4月25日(木)午前9時からです。

お申し込みは先着順です。どうぞお早めにご予約ください。

 

============================

胃がんリスク検診の受診方法にご注意!!

平成24年度、既に個別検診で胃がんリスク検診を受診された方は、平成25年度に受診することができません。 もし受診された場合は全額自己負担となりますのでご注意ください。

胃がんリスク検診を既に受診された方の今後の受診方法は、次の通りです。

A判定 …5年に1回、胃がんリスク検診をお受けください。

B判定・C判定・D判定…今後、胃がんリスク検診は受診できません。必ず精密検査を受け、その後は主治医を持って定期的に内視鏡検査をお受けください。

 

============================

健康ぷらっと健康相談日

☆健康測定

☆健康診査や教室のご案内

☆健康に関する相談

AM: 9時30分~11時30分

PM:13時30分~15時30分

4月8日(月)PM

4月24日(水)AM

5月10日(金)PM

5月30日(木)AM

場所:健康ぷらっと(三浦合同庁舎2階)

 

4月16日(火)PM

場所:南下浦市民センター2階

 

※骨密度測定は「健康ぷらっと」のみで実施します。

 

============================

平成25年度子宮頸がん予防ワクチン接種のお知らせ

平成24年度まで「任意接種」として行っていた子宮頸がん予防ワクチン接種が平成25年度から「定期接種」となりました。標準的な接種期間になりましたら、お早めに接種をしてください。

対象年齢 小学6年生相当の年齢~高校1年生相当の年齢の女子

     ※高校2年生は対象外となりました

標準的な接種時期 中学1年生

接種回数 3回(接種間隔はワクチンの種類により異なります。3回とも同じワクチンを接種してください。)

費用 無料

持ち物 母子健康手帳、被保険者証

実施医療機関 市ホームページ、ちらしでご確認いただくか、健康づくり課へお問い合わせください。

 

 

 ============================

特派員リポート                  三浦、頑張ってんじゃん

============================

三浦が頑張っている(ように感じる)。インターネット上で、三浦が頑張っているように感じる(もちろん、日々の現実の生活でも頑張っていると思うが、今回はインターネット上の話をしたい。)。テレビ番組「泣くな、はらちゃん」では、城ケ島大橋、海南神社、三浦海岸駅前など、様々なところでロケが行われ、ツイッター上でも「はらちゃん」をテレビで観ている人たちの三浦への注目度は高い(気がする)。「かもめ児童合唱団」の路上ライブの動画がインターネット上でもシェア(共有)されて、たくさんの方々にその歌声を聴かせている。

品川から京急電車で 1時間。近いのか、遠いのか。毎日都内に通うお父さん、お母さん、学生さんなどには、遠く感じるかも知れない。一方で、小学校、中学校、高校と地元の学校出身で、市内で働いている人も多いかも知れない。三浦市の人口全体としては減少傾向にあり、高齢化も進んでいる。三浦から三浦の外へ発信をして、もっと沢山の人に三浦に来て欲しい。観光かも知れない。移住かも知れない。私自身、横浜から引っ越して来て、かれこれ 11年になる。三浦における仕事の創出、三浦の外から三浦への人の流れ。インターネッを通じて、三浦市内における個々人の頑張りが、FacebookやTwitter、テレビなどを通じて三浦の外に.がって行く。学校を卒業して三浦に残る人。三浦に住み、都内に通う人。三浦海岸駅前の河津桜、三浦海岸、城ケ島大橋の写真や、「かもめ児童合唱団」の路上ライブの動画が、インターネットでシェア(共有)されて、三浦のファンが増えて行く。三浦の人の三浦を好きな気持ちが、Facebookの「いいね」や「シェア」となり、 Twitterのリツイート(自分のフォロワーに転送)となり、三浦のファンが増えて行く。

実際問題、三浦の人口は減っていて、高齢化が進んでいるけど、三浦の人の三浦を好きな気持ちが三浦のファンを増やしていると思うので、三浦市の Facebookページ、Twitterアカトウントも見てみてください。

[Facebook] 三浦まちカル Facebookページ: https://www.facebook.com/machikaru

[Twitter] 三浦まちカル @MachikaruMiura / 三浦市危機管理課 @miura_bousai /三浦海岸(MIURA BEACH) @miura_beach/ 公益社団法人三浦青年会議所 @miurajc

 

市民特派員 矢能 千秋

 

 

============================

図書館だより

============================

図書館に、次の新しい本が入りました。

【図書館本館:青少年会館内】

新島八重 愛と闘いの生涯(吉海直人 )、できる大人のモノの言い方大全(話題の達人倶楽部)、等伯 上・下(安部 龍太郎)、ひとりでできるよ!図鑑(横山 洋子)、としょかんねずみ 1・ 2(ダニエル・カーク)ほか

【南下浦分館:南下浦市民センター内】

一途一心、命をつなぐ(天野 篤)、孤独な放火魔(夏樹 静子)、abさんご(黒田 夏子)、両手を奪われても(マリアトゥ・カマラ)、かあさんふくろう(イーディス・サッチャー・ハード)ほか

【初声分館:初声市民センター内】

笑うハーレキン(道尾秀介)、幸(香納諒一)、それを愛とまちがえるから(井上 荒野)、祖母の手帖(ミレーナ・アグス)、あかちゃんのいちにち(リチャード・ダンワース)ほか

【休館日】

4月は、 1日・8日・ 15日・ 22日・ 29日・ 30日です。

5月は、1日・3日~6日・ 13日・ 20日・ 27日・ 31日です。

問合せ 図書館(内線415)

 

============================

三浦市図書館       南下浦・初声分館の開館時間を変更します

■変更前(4月28日まで)

図書館名

曜日

時間

南下浦分館

土・日

9時~17時

南下浦分館

火~金

9時~19時

初声分館

水・木・土・日

9時~17時

初声分館

火・金

9時~19時

■変更後(5月2日以降)

図書館名

曜日

時間

南下浦分館

水・木・土・日

10時~17時

南下浦分館

火・金

10時~19時

初声分館

水・木・土・日

10時~17時

初声分館

火・金

10時~19時

ご利用の方は、ご理解・ご協力をお願いします。

※本館(青少年会館)は変更ありません。

 

  

 ============================

三浦市立病院       はじめまして       理学療法士 藤井伸行

============================

三浦市の皆さん、はじめまして。

私は三浦市立病院リハビリテーション科で理学療法士として働いております、藤井伸行と申します。理学療法士となり今年で 7年目を迎えますが、市立病院には昨年の 11月に入職したので、市立病院で働くのは 4月で 6カ月目になります。今回は少しだけ自己紹介をさせて頂きたいと思います。

私の出身地は福岡県飯塚市という、県の中央あたりにある田舎街です。小説「青春の門」の舞台と言えば、ピンとくる方も多いかもしれません。学生時代は陸上競技部に所属し、勉強そっちのけで青春を謳歌していました。 2003年に横須賀市平成町にある神奈川県立保健福祉大学への進学を機に三浦半島に移ってきました。横須賀(関東)に来て最初に驚いたのは、 JR・私鉄の線の多さと車両の長さです。地元では2両のワンマン電車が1時間に数本というのが当たり前だったので、4両以上の電車が普通に走っているのは衝撃でした。また、京浜急行の真っ赤な車両と速さ (揺れ具合 )には特に驚かされました。

さて、今年の 4月より三浦市立病院のリハビリテーション科は大きく変わっていきます。ご存じの方も多いかと思いますが、科のスタッフ数が大幅に増え十数名となります。数が増えればすぐに質が向上するものではないとは思いますが、より良いリハビリテーションの提供ができるよう京浜急行のように真っ赤に燃える情熱を携え駆け抜けていきたいと思います。まだまだ若輩者ではありますが、精一杯楽しく働いていきますので今後ともよろしくお願い致します。

 

 

============================

ミニドックを受けてみませんか?

============================

最近、運動不足かな …ちょっと太ってきたかしら…飲みすぎかな…など健康が気になる方へ、生活習慣病や貧血、肝機能などの基本検査です。また、家族の看護や介護で検査する時間がない方にはお薦めの検査です。

○ 予約なしで受けられます。(月~金曜日の8時30分~15時30分まで受付)

○ 受付後すぐに実施できます。(ただし食後4時間後を目安にしてください。)

○ 血液と尿の検査なので簡単です。自由に項目を選べ、結果は郵送します。

○お得なセットメニューをご用意しています。

○おなか回り、食べ過ぎが気になる方は、メタボセット(糖尿/脂質/肝・膵機能の検査)

○飲みすぎが心配な方はアフター5セット(肝・膵機能/肝炎の検査)

○女性には、レディースセット(貧血・骨密度検査)がおすすめです。

その他にも 840円から 3,500円の料金で、各種検査がありますので、お気軽にご利用ください。

なお、詳細はお問い合わせください。

申込み・問合せ 三浦市立病院 医事担当(882-2111)

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る