トップページ > 「三浦市民」(広報紙)最新号とバックナンバー > テキスト版「三浦市民」 > 三浦市民5月号テキスト版

ここから本文です。

更新日:2019年6月12日

 

三浦市民5月号概要テキスト版

ページ

内容

2ページ

CHALLENGEDAY

4ページ

平成26年度予算のあらまし

7ページ

業績目標

8ページ

ごみのお知らせ

9ページ

募集・お知らせ・福祉のひろば・みんなのひろば

12ページ

口腔がん検診のお知らせ

13ページ

健康ぷらっと

14ページ

傾聴ボランティア養成講座

15ページ

脳ドッグ実施中です

16ページ

予防接種を受けましょう

17ページ

住宅用火災警報器

18ページ

市民討議会開催のお知らせ

 

 

 

 

======================================== 

三浦市民5月号

========================================

三浦の魅力発見!~集めよう広げよう!みんなの三浦自慢

その11 神奈川県の景勝50 選の地 油壺で三浦一族を偲ぶ

========================================

油壺は、紺碧に澄んだおだやかな海面、あたりの木々の緑が映った景観がすばらしい油壺湾(神奈川の景勝50選)がある観光地ですが、平安時代から約450 年間、三浦半島を本拠としていた三浦一族終焉の地という悲しい場所でもあります。三浦一族最後の当主である三浦道寸(道寸は出家後の名で本名は義同)は、相模を治める守護職を務め、武勇に優れるとともに、和歌や書にも親しむ文化人であり、「北条五代記」などで「文武二道の良将」であったと言われています。

 時は戦国時代、道寸は伊豆から相模進出を目指す北条早雲と対峙しましたが、敗戦が続き、最後に油壺の新井城に立てこもりました。海と崖に囲まれた、攻めるのが難しい新井城での攻防は、3年の永きにわたりましたが、武士らしく戦い散ることを選んだ道寸は、最後に城から討って出て、1518年7月11日に壮絶な最期を遂げました。この時、城に残った者達が油壺湾に身を投げ、湾一面が血に染まり、まるで油を流したようになったため、後にこの地が「油壺」と呼ばれるようになったとも言われています。今でも、油壺には道寸親子の墓など、当時を偲ぶスポットがあります。

 5月25日(日)、油壺の荒井浜海岸で「道寸祭り」が開催され、三浦一族を偲ぶ「供養祭」と三浦一族のお家芸として永く伝えられてきた「笠懸」が行われます。普段は見ることができない、東京大学三崎臨海実験所の敷地内にある「新井城空堀」も一般公開されますので、ぜひお越しください。

市公式ホームページでは、道寸縁のスポットなどを掲載しています。

※10ページに関連記事があります。

問合せ 政策課(内線213)

 

 ========================================

CHALLENGEDAY

========================================

5月28日(水)午前0時~午後9時

チャレンジデーは、5月28日午前0時から午後9時までに15分以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率を競うスポーツイベントです。

詳しくは配布されたチラシをご覧ください

※実施期間中に起きた事故やケガにつきましては、自己責任となりますので、

安全には十分留意して無理のないようにお願いします。

お問い合わせは健康づくり課 内線370~372

 

三浦市チャレンジデー2014イベント情報

スポーツ施設の無料開放

当日は、潮風アリーナのメインアリーナ・研修室を無料開放します。各教室等でも施設を利用しますので、ご注意ください。また、特定の方々で、独占したご利用はご利用いただき、譲り合ってご利用いただきますようお願いいたします。

各種教室等

みなさん奮ってご参加いただき、チャレンジデーにエントリーしよう。

開始時間の30分前にご集合ください。

動きやすい服装と靴をご用意ください。

初心者の方もお気軽にご参加ください。

事前申し込みは不要です。

詳しくはhttp://www.city.miura.kanagawa.jp/kenkou/challenngeday2014.htmlまで

 

 ========================================

平成26年度 予算のあらまし

========================================

平成26年度当初予算が、市議会第1回定例会での審議を経て成立しましたので、お知らせします。一般会計当初予算は、162億7,093万9千円、前年度に比べて2.9%の増加となっています。また、一般会計と特別会計、企業会計を合わせた予算総額は、359億4,024万2千円、前年度に比べて2.5%の減少となっています。

【一般会計】

市の行政運営の基本的な経費にかかる歳入歳出予算を網羅して計上する会計です。

【特別会計】

国民健康保険事業や介護保険事業など特定の事業を特定の収入(保険料など)でまかなう場合に一般会計から区別するために設けられる会計です。

【企業会計】

民間企業と同じように、事業収入によって、事業全体をまかなう会計です。

予算の概要

平成25年度のわが国の経済は、個人消費は緩やかな増加が続き、企業収益が改善する中で、設備投資の回復が見込まれるなど、民需主導の景気回復が進むと見込まれています。一方、本市は地域経済の回復の兆しが見えない状況であり、更に二町谷土地売払契約の解除に伴い、予定していた約20億円の収入が財源として見込めないため、平成26年度予算編成では、身の丈に合った財政規模とそれに見合った事業数や事業内容、職員数の削減に向けて事業の廃止や見直しに着実に取り組んでいく必要がありました。

このような状況の中で臨んだ平成26年度予算編成は、経常的な経費の削減や補助金の見直し、事業の縮減・休廃止・見送り、財源確保等に取り組みました。また、昨年度と同様に財政担当による予算査定に加えて、三浦市財源対策検討委員会において、あらゆる歳入増加策及び歳出削減策の検討を行うとともに、市全体の歳入歳出状況を勘案した更なる見直しに取り組みました。

 

詳しくはhttp://www.city.miura.kanagawa.jp/zaisei/26yosan1.htmlまで

 

歳入においては、財政運営の根幹である市税について、平成25年度に引き続き、積極的に徴収強化に取り組むことにより、1.9%の増加を見込みました。また、財源不足を補うため、財政調整基金をはじめ、各種基金からの繰り入れを見込みました。

 

【自主財源】

市が自ら調達できる財源で、この割合が高いほど自主的な財政運営が出来ます。

【依存財源】

国や県から交付されたり、借り入れたりするお金です。

【地方交付税】

すべての市区町村が一定水準の行政サービスを提供することができるよう、国が徴収した所得税、法人税、消費税などから、市の財政状況に応じて交付されるお金です。

【地方特例交付金】

住宅ローン等税額控除による個人住民税の減収額に伴う地方負担増加に対応するために国から交付されるお金です。

【市債】

大きな事業をするために、国や金融機関より借り入れるお金。

いわゆる借金です。

 

歳出予算の特徴について、目的別と性質別において、それぞれ前年度との比較が大きいものを説明します。目的別歳出では、まず土木費が減少しています。これは、三浦縦貫道路関連事業が減少したためです。総務費の増加は、第三セクター等改革推進債償事業特別会計において、一般会計から同会計への基準外繰出金を増加させたためです。民生費の増加は、臨時福祉給付金と生活保護費が増加したためです。公債費の増加は、過去に借り入れた市債の借換用元金が含まれるためです。性質別歳出では、普通建設事業費が減少しています。これは、三浦縦貫道路関連事業や、消防庁舎建設事業の減少によるものです。人件費の減少は、給料の削減によるものです。

【目的別歳出】

目的別歳出は、経費を各行政目的別に分類したものです。

【性質別歳出】

性質別は、経費をそれぞれの経済的性質を基準に分類したものです。

【人件費】

市の職員の給与や議員報酬等に要する経費のことです。

【物件費】

臨時職員の賃金、市役所・学校などの消耗品費や光熱水費、備品購入費、電算事務などの委託料が該当します。

【扶助費】

生活保護法、児童福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法などの法令に基づいて支出する経費です。

【公債費】

市債(借金)の元金の返済および利子の支払に要する経費です。

 

特別会計・企業会計

【国民健康保険事業】

歳入予算の特徴としては、国民健康保険事業の健全な運営維持していくために、保険税の改定を行い、対前年度比6,411万円(3.6%)の増加、療養給付費等交付金においては、退職被保険者の減少に伴い対前年度比5,510万1千円(13.7%)の減少、前期高齢者交付金においては、給付費の伸びの影響により対前年度比3,463万4千円(1.9%)の増加、繰入

金においては、対前年度比1,206万円(2.2%)の減少となりました。

歳出予算の特徴としては、保険給付費が対前年度比4,713万円(1.0%)の増加、後期高齢者支援金等においては、一人当たりの負担額は増えているが、前々年度の精算額の影響により対前年度比1,629万2千円(1.7%)の減少、介護納付金においても、一人当たりの負担額は増えているが、前々年度の精算額の影響により対前年度比465万5千円(1.1%)の

減少、公債費においては、平成24年度借入を行った元金の返済が始まることにより対前年度比800万円(35.7%)の増加となりました。

【後期高齢者医療事業】

歳入予算の特徴としては、保険料が5億885万9千円で、歳入予算の76.1%を占めています。

歳出予算の特徴としては、広域連合納付金6億5,077万9千円で歳出予算の97.3%を占めています。その主なものは市が徴収した保険料を広域連合へ納付する保険料納付金となっています。

【介護保険事業】

歳入予算の特徴としては、保険料を9億5,814万2千円計上しました。保険料の基礎となる月額基準額は4,860円です。

歳出予算の特徴としては、保険給付費について第5期介護保険事業計画を基に実績を考慮して、43億3,117万4千円計上しましたが、これは歳出総額の96.1%を占めています。

算定の基礎とした認定者数は2,688人です。前年度と同様に給付費は増加傾向にあります。

【市場事業】

歳入予算の特徴としては、市場使用料をはじめとした使用料収入が消費税率引き上げの影響などにより、3億1,465万円となり、前年度比626万5千円(2.0%)の増加となりました。繰入金が1億7,856万5千円となり、前年度比1,880万5千円(11.8%)の増加となりました。

歳出予算の特徴としては、市場等の維持管理費用として1億3,275万3千円を計上しました。

また遠洋延縄漁船の入港数を維持するために、水揚入(出)港船対策事業として669万5千円を計上しました。

【公共下水道事業】

歳入予算の特徴としては、使用料及び手数料が2億4,270万6千円で、379万1千円(1.6%)の増となり、分担金及び負担金は、461万5千円で前年度比185万8千円(67.4%)の増となりました。

また、下水道事業の安定化を図るため、一般会計からの繰入金6億3,022万円を計上しました。

歳出予算の特徴としては、公共下水道費として3億1,179万2千円、公債費として7億5,776万1千円を計上しました。公共下水道費の主な内容としては、維持管理費として2億5,276万1千円、建設改良費として5,903万1千円を計上しました。

【第三セクター等改革推進債償還事業】

歳入予算の特徴としては、前年度見込んだ土地売払収入がなくなったことで財産収入が1,367万円となり、前年度比20億281万1千円と大幅な減少となりました。一般会計からの繰入金は5億5,911万6千円となり、前年度比3億5,473万4千円(173.6%)の増加となりました。

歳出予算としては、第三セクター等改革推進債を償還するための公債費5億7,228万8千円を計上しました。

【病院事業】

収益的収入予算は、前年度比1億5,313万4千円(5.6%)の増加となりました。これは、入院収益及び外来収益が増加したことが主な要因です。収益的支出予算は、前年度比1億9,739万4千円(7.6%)の増加となりました。これは、平成25年度に病院業務医療情報システム、CT及び医療機器を購入したことにより減価償却費が増加したのが主な要因です。

資本的収入予算は、前年度比4億2,481万8千円(79.3%)の減少となりました。また、資本的支出予算は、前年度比4億2,764万4千円(56.1%)の減少となりました。これらは、平成25年度にあった病院業務医療情報システムの導入及びCTの購入に伴う企業債の借入及び機械器具購入費が減少したことが主な要因です。

【水道事業】

収益的収入予算は、前年度比8,118万6千円(6.4%)の増加となりました。これは平成26年度予算より、新地方公営企業会計基準を適用したことによる長期前受金戻入の皆増が主な要因です。収益的支出予算は、前年度比1,346万9千円(0.9%)の減少となりました。これは職員の削減による人件費の減少が主な要因です。この結果、純損失は前年度比9,208万1千円(40.0%)減少の1億3,817万5千円となりました。

資本的収入予算は、前年度比1,300万1千円(5.2%)の減少となりました。これは老朽管更新事業による国庫補助金や一般会計出資金の減少が主な要因です。資本的支出予算は、主に老朽管更新事業費の減少により、前年度比195万6千円(0.3%)の減少となりました。

 

 ========================================

「業績目標」の設定について.

========================================

市では、庁内の組織を5部門に分け、各部門はまちづくりの取り組みについて毎年度達成すべき業績目標を設定し、様々な事業を行っています。今年度の業績目標を市ホームページ、市役所分館2 階の市政情報コーナー、南下浦出張所および初声出張所で閲覧できますのでご覧ください。

問合せ 政策課(内線213)

 

========================================

小児医療の対象年齢を拡大しました

========================================

これまで、小学3年生までのお子さんの通院・入院の医療費助成をしていましたが、平成26年4月1日から対象を小学4年生までに拡大しました(所得制限なし)。

また、小学5年生から中学3年生までは、引き続き入院の医療費助成をします(所得制限あり)。 

問合せ 保険年金課(内線302)

 

========================================

税のお知らせ

========================================

1 平成26年度市・県民税の納税通知書の発送について

① 給与からの特別徴収(給与から天引き)の方 5月9日(金)に勤務先へ通知書を発送します。

②普通徴収(納付書または口座振替で納付)の方および年金からの特別徴収(年金から天引き)の方

6月10日(火)にご本人様へ発送します。

※ 市・県民税の普通徴収で納付書を使っての納付が今年度からコンビニでできるようになりました。詳しくは三浦市民2014年1月号から3月号までの掲載内容、4月号の全戸配布チラシ、市のホームページをご覧ください。

2 平成26年度市・県民税の所得・課税(非課税)証明書の発行について

平成26年度(内容は平成25年中の収入・所得、課税額等)の証明書は、税務課(市役所分館1階4番

窓口)、南下浦出張所および初声出張所の各窓口で下記の日から発行することができます。

① 給与からの特別徴収(給与から天引きのみ)の方  5月9日(金)

② 普通徴収および年金からの特別徴収の方      6月2日(月)

※ 証明書を請求する場合は、本人(窓口へ来庁された方)を確認できる証明書(運転免許証、健康保険

証等)をお持ちください。なお、同一世帯の親族以外の方が代理人として証明書を請求する場合は、

委任状と来庁された本人を確認できる証明書が必要となります。

問合せ 税務課住民税グループ(内線242・246)

 

 ========================================

ごみのお知らせ

========================================

一般ごみの水分率 未だ高い状態です!

先月号でお知らせしたとおり、継続中の「ごみダイエット大作戦」の中でも、特に大きな課題となっているのが一般ごみの水分率です。「ごみダイエット大作戦」の取り組みを開始した平成 24年9月から最近までの一般ごみの水分率のうつりかわりを次のグラフにお示しします。

グラフから分かるとおり、数値にばらつきがあるものの、平成24年9月以降、目標値50%以内になった月はありません。

 水分率が高いと、その分ごみそのものの重さが増えてしまい、処理費用も多くかかります。また、焼却の際に水の蒸発に熱が使われてしまうため、余計にエネルギーが必要になってしまいます。

 先月号と同時に配布しました、「はじめよう!ごみダイエット大作戦(概要版)」を参考に、生ごみの水切り徹底にご協力をお願いいたします。

全国ごみ不法投棄監視ウィーク

 5月30日(金)[ごみゼロの日]から6月5日(木)[環境の日]までの1週間は「全国ごみ不法投棄監視ウィーク」です。三浦市でも関係機関や市民の皆様の協力をいただき、不法投棄防止のパトロール活動を行います。

 もし、捨てている人を見かけたら、その人の特徴(身長、服装、めがねの有無等)や、車両のナンバー、色、形を確認して警察へ通報してください。(三崎警察署881-0110) 

投棄者に直接注意することは危険ですので、声はかけないようにしてください。

 不法投棄は犯罪です。不法投棄は、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、または併科されます。

○電動自転車のバッテリーは、販売店へ!

最近、電動自転車の排出についてお問い合わせをいただくことがあります。電動自転車を粗大ごみとして廃棄する場合は、バッテリーを取り外して排出してください。取り外したバッテリーについては、販売店にご相談ください。

埋立ごみ、枝木・草葉類の収集日のお知らせ

区  分 三崎地区 南下浦地区・初声地区

埋立ごみ 14日、28日(第2、4水曜日)9日、23日(第2、4金曜日)

枝木・草葉類 7日、21日(第 1、3水曜日)2日、16日、30日(第 1、3、5金曜日)

ごみを出す日を間違えないようにお願いします。

問合せ 廃棄物対策課(内線291・299)

 

 ========================================

募集

========================================

寺本育英会新規奨学生・再募集

高校今春入学者対象【給付】

========================================

募集対象 今年中学校を卒業し、高等学校に入学した市内在住の方

給付金額 月額2,500円(返還不要)

募集人数 1人

募集期間 4月7日.~5月30日.

募集案内・願書等入手方法教育総務課

(青少年会館1階)で配付していますのでお申し出ください。市ホームページでダウンロードすることもできます。

問合せ 教育総務課(内線406)

 

========================================

三浦市青少年姉妹都市国際交流受入れ事業「ホストファミリー」募集

========================================

6月下旬から7月上旬にかけて10日間ほど、姉妹都市オーストラリア・ウォーナンブール市の生徒が三浦市を訪れます。

滞在期間中、生徒を受け入れてくださる家庭(ホームステイ先)を募集しています。なお、生徒は南下浦地区の小中学校へ通う予定です。詳しくは、お問い合わせください。

問合せ 青少年教育課(祝日を除く火曜日~土曜日、882-2765)

 

========================================

お知らせ

========================================

市内放射線量等について

========================================

4月20日現在、市内・近隣産の農水産物、市内の上水道および下水道汚泥等の放射線濃度ならびに施設(公園、学校等)大気中の放射線量は、すべて安全の目安を下回っています。

問合せ 防災課(内線256~258)

 

========================================

夏のワーキングスタイルについて

========================================

市役所では、5月1日から10月31日まで、軽装で執務する夏のワーキングスタイルを実施します。

問合せ 人事課(内線223・224)

 

========================================

スカベンジで地域美化を

========================================

市では、平成18年度からクリーンアップ・プロジェクトとして、スカベンジ活動を推進しています。「スカベンジ」とは、英語で「清掃をする」という意味ですが、日本では「グループで前向きな意思をもって行う清掃」という意味で使用されています。市では、ホームページで「スカベンジ」の活動周知、ゴミ袋・軍手等の清掃用具の提供を行いスカベン

ジ活動のサポートをしています。

平成25年度は、計38回のスカベンジが行われ、延べ1,137人の参加で合計2,310kgのゴミが収集され、市の地域美化に大きく貢献しています。スカベンジの開催を考えている団体がございましたら、環境課までご相談ください。

問合せ 環境課(内線289)

 

========================================

廃食用油を回収します

========================================

一般家庭で使用済または未使用の植物性油を回収します。

日時 6月3日9時30分~10時30分

場所①三浦市役所第1駐車場脇ゴミ回収場所付近、②南下浦市民センター正面玄関付近、③初声市民センター正面玄関付近

*植物性廃食用油のみの回収です。缶等に入った油はポリ容器等に移し替えてお持ちください。容器の回収は行いませんのでお持ち帰りいただきます。なお、回収時間以外に放置された廃食用油は回収しません。また、営利目的で事業を営んでいる方からの油は回収できません。回収した廃食用油は石けんにリサイクルしています。荒天の場合は、中止となることもあります。

問合せ あしたのくらしを考える会事務局(環境課内)(内線289)

 

========================================

6月1日は人権擁護委員の日

========================================

人権擁護委員制度を記念して特設人権相談を行います。人権侵害、家庭問題、近隣のもめごとなど困ったことがありましたら、一人で悩まずお気軽にご相談ください。

相談は無料で、秘密は厳守いたします。

日時 6月2日13時~16時

場所 市役所分館2階市民相談室2

問合せ 市民サービス課 お客様センター担当(内線319)

 

========================================

国民健康保険 一日人間ドック実施のご案内

========================================

三浦市国民健康保険加入者のみなさんに、健康で明るい毎日をお過ごしいただくために、一日人間ドックを実施します。

対象者 昭和14年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた方で、三浦市国民健康保険に加入されている方。または、平成26年度内に三浦市国民健康保険から後期高齢者医療保険に移る方(先着500人)

検査場所 市立病院

検査内容 血液学的検査・生化学的検査・免疫学的検査・腫瘍マーカー・循環機能検査・呼吸機能検査・X線検査・超音波検査・内科診察・外科診察・問診など(胃バリウム検査を胃内視鏡検査に変更することができます。詳しくは、申し込み時に、お問い合わせください。)

オプション検査ご希望により、別費用で婦人科検診・乳がん検診(マンモグラフィー)・骨密度測定・前立腺がん検診・ヘリコバクターピロリ菌検査が受けられます。(詳しくは、申し込み時に、お問い合わせください。)

費用 16,000円(25年度までの保険税を完納している方)

検査日 6月3日~平成27年3月末 毎週月曜日から金曜日の実施日

申込受付 5月10日9時~ 17時

5月12日以降平日の14時~17時

申込み 市立病院事務局医事課(882-2111内線5122・5123)

※定員になり次第締め切ります。

その他

●検診日は、ご希望の方のみ市立病院の車で送迎します。(申し込みの際にお伝えください。)※送迎は、地域ごとになりますのでご希望に添えない場合もあります。

●当日、検査結果をもとに、医師との面談を行い、後日全体の検査結果表を郵送します。

●国保の【一日人間ドック】の他にも三浦市では各種検診を行っています。

●今年度もメタボリックシンドロームに着目したみうら国保健診(特定健康診査)・特定保健指導を実施します。国民健康保険に加入の40歳以上の方は、ぜひ健診を受けてください。(人間ドックとの重複受診はできませんのでご注意ください。)

●人間ドックは、みうら国保健診(特定健康診査)を兼ねています。受検の際は「特定健康診査受診券」をお持ちください。(人間ドックを受検した方も、特定保健指導の対象となります。)

問合せ 保険年金課(内線314・317)

 

========================================

催  し

========================================

みうら観光ボランティアガイド養成講座

========================================

みうら観光ボランティアガイド協会では、今後もこの活動を発展、継続させていくため、観光ボランティアガイド養成講座を開講します。

日時 6月9日・15日・23日・29日・7月6日・14日

全6回(座学 3回、現地実習 3回)座学は各回19時~20時30分、現地実習は9時~13時30分

場所 南下浦市民センター。そのほか現地実習講座(三崎、城ケ島等)あり

定員 15人(先着順)

講師 みうら観光ボランティアガイド協会 田中健介会長ほか会員

受講料 無料(現地実習時の移動交通費、昼食代などは自己負担)

応募資格18歳以上(高校生不可)。受講終了後、みうら観光ボランティアガイド協会に加わり一緒に活動をしてくれる意志のある方

申込期間 5月12日~6月5日

申込方法 住所・氏名・電話番号を電話、ファクスまたはEメール。ファクス・Eメールの場合、「みうら観光ボランティアガイド養成講座受講希望」と明記。

申込み・問合せ ①または② 

①三浦市観光協会(888-0588、FAX888-5914、 Eメール : info@miurainfo.ne.jp)

②市観光商工課(内線77323・77324、FAX882-5010、Eメール:keizai0101@city.miura.kanagawa.jp)

 

========================================

道寸祭り「笠懸」

========================================

源頼朝が好んだと伝えられる「笠懸」は馬上から的をめがけて矢を放つ「流鏑馬」とならぶ古式ゆかしい催しです。間近で見る馬は大変迫力があります。

ぜひご家族連れでご来場ください。

日時 5月25日. 11時~ 供養祭

11時20分~和太鼓の演奏(和太穂)・

横須賀開国甲冑隊披露

12時5分~ 立身流兵法の演武

13時~ 笠懸(武田流弓馬道一門)

14時25分~ 表彰式 

※雨天の場合は中止もしくは内容を変更する場合がございます。 

場所 油壺 荒井浜海岸

同時開催9時30分~14時三浦一族終焉の地「新井城址」一般公開(東京大学臨海実験所内)

問合せ 三浦市観光協会(888-0588)

 

========================================

初声市民センター社会教育講座「オリジナルエコバッグを作りましょう」

========================================

内容不要になった布を使ってオリジナルエコバッグを作ります。(横36センチ×縦43センチ×まち17センチ)

日時 5月30日13時~16時

場所 初声市民センター

講師 深谷 範枝 氏

対象 市内在住・在勤者 10人(先着順)

受講料300円(材料費)

持ち物 裁縫道具・筆記用具(布は講師が用意します)

申込み・問合せ 5月12日から電話または直接、初声市民センターへ(888-1626)

 

========================================

自然観察会の開催について

========================================

海と緑に囲まれた毘沙門を歩いて、一緒に植物観察をしましょう!

日時 6月15日9時30分~12時

(※悪天候の場合は、中止です。)

集合場所 みうら漁業協同組合昆沙門支所前

定員30人・申込制(先着順)・(参加費無料、小学生以下の方の参加は保護者同伴)

講師 横須賀市自然・人文博物館学芸員 大森雄治氏

申込期限 6月6日.

服装 動きやすいもの(帽子、長袖シャツ、長ズボン、軍手等、運動靴)

持ち物 飲物、タオル

※当日は現地解散を予定していますので、昼食をお持ちいただいても構いません(ごみは各自でお持ち帰りください。)。

申込み・問合せ 環境課(内線289)

 

========================================

第29回勤労市民センターフェスティバル

========================================

センターを利用しているグループのみなさんが日頃の成果を発表して、楽しくふれあう交流の場です。みなさんのご来場、ご参加をお待ちしています。

日時 5月17日10時~17時

5月18日10時~15時

場所 三浦市勤労市民センター

問合せ 観光商工課(内線77323・77324)

 

========================================

福祉のひろば

========================================

メンタルヘルス相談のご案内

========================================

精神科医による相談(予約制・秘密厳守)

「うつ」や「不眠」・ひきこもり・「アルコール」や「薬物」・統合失調症

などの病気・認知症などのご相談に応じます(ご自身のこと・ご家族の対応)。

日時 5月16日5月27日6月6日

いずれも10時~

福祉職や保健師による相談(随時受付)

申込み・問合せ 鎌倉保健福祉事務所三崎センター 保健予防課(882-6811)

 

========================================

三浦半島地域障害者歯科診療所

========================================

障害児者のための歯科診療所です。

診療日時毎週火・木曜日 13時~17時(祝祭日・年末年始は除く)

予約受付月曜日 9時~15時

火・木曜日 13時~17時

*要電話予約 823-0055

場所 三浦半島地域障害者歯科診療所

(横須賀市歯科医師会口腔衛生センター内) 横須賀市日の出町2-9

問合せ 福祉課 (内線361・362)

 

========================================

みうらふれあいサロン開催のご案内

========================================

三崎地区の65歳以上の方を対象に、2カ所でサロンを開催しています。

健康を維持するため、楽しく体操をしています。今こそ、介護予防の始めどきです!お気軽にご参加ください。

いっしょに健康寿命を延ばしましょう!!

日時・場所

①5月15日13時~15時地域福祉センター

②5月22日13時~15時勤労市民センター

申込み・問合せ

三浦市社会福祉協議会地域包括支援センター(882-1066)

 

========================================

介護者教室のご案内

========================================

日時 5月27日10時30分~13時30分

場所 南下浦市民センター調理実習室

テーマ 男のための料理教室

定員 15人(先着順)

講師 野田 俊二氏

費用 500円

持ち物 エプロン、三角巾、布きん1枚

問合せ はまゆう包括支援センター(881-3351)

 

========================================

障害者医療費助成の対象者が変わります

========================================

平成26年10月から、精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方の通院医療費が助成対象となります。また、65歳以上になってから、新たに障害者に認定された方(身体障害者手帳1級・2級等)は助成対象外となります(現在、受給資格のある方は引き続き助成対象となります)。

問合せ 保険年金課 (内線303)

 

 ========================================

~口腔がん検診のお知らせ~

========================================

「胃がん」や「乳がん」のように体に「がん」ができることはご存じかと思いますが、お口の中(唇、頬、歯ぐき、舌など)にも「がん」ができます。「口腔がん」の発生頻度は、「がん」全体の1~3%で決して多くありませんが、放置した進行がんでは生存率が大きく低下し、治療後も食事や会話など生活の基本となる機能が著しく損なわれます。体の「がん」と同じく「口腔がん」も検診による早期発見・早期治療が重要です!検診は問診・視診・触診のため、安心・安全・無痛です。

横須賀市歯科医師会の協力により、「2014三浦市歯のフェスティバル」で口腔がん専門医2人と口腔がん検診協力医5人による「口腔がん検診」を無料で実施します。

*「2014 三浦市歯のフェスティバル」については6月号でお知らせします。

申込み・問合せ 健康づくり課(内線370~372)

【日 時】6月8日(日)13時~16時(事前予約制)

【会 場】三浦市民ホール(うらり)

【対象者】気になる症状のある方・40歳以上の三浦市民20人

【申込み】5月15日(木)~5月23日(金)の間にお電話か健康づくり課窓口で先着順にて受け付けします。

(定員になり次第締め切ります。)

 

========================================

各種無料相談のご案内(6月)

========================================

各種無料相談のご案内(6月)

種   別 日  程 時  間 会      場 問合せ先 相談担当者

法律相談 11日(水)13時~15時 市役所分館市民相談室1    内線319 弁護士

26日(木)13時~15時 南下浦市民センター2階集会室 

     27日(金)10時~12時 三浦市社協「はにかみ屋」888—7347

人権相談 2日(月)13時~16時 市役所分館市民相談室2 内線319 人権擁護委員

行政相談 6日(金)13時~15時 市役所分館市民相談室1  行政相談委員

住まいの相談 12日(木)14時~16時 市役所分館市民相談室2 建築士 建築士大工技能士

女性相談 11日(水) 10時~15時 市役所分館市民相談室2 女性相談員

登記測量相談 17日(火)14時~16時 初声市民センター2階集会室 内線319 司法書士・土地家屋調査士

行政書士相談 24日(火)13時~16時 市役所分館市民相談室1 内線319 行政書士

成年後見相談 25日(水)13時~16時 市役所分館市民相談室1 内線319 行政書士

宅地建物相談 26日(木)13時~16時 市役所分館市民相談室2 内線319 宅地建物相談員

女性相談   11日(水)10時~15時 市役所分館市民相談室2 内線313 女性相談員

犯罪被害者相談 20日(金)9時~12時 市役所分館市民相談室1 内線311 専門相談員

消費生活相談 毎週月・木(祝日は順延)9時~15時30分 市役所分館市民相談室1 内線313 消費生活相談員

教育相談 月~金(祝日を除く) 9時~16時 教育相談室・相談指導教室 881—3380 教育相談員

               8時30分~17時15分 青少年会館2階 内線429 相談指導主事

一般相談 月~金(祝日を除く)8時30分~17時15分 市民サービス課お客様センター

内線319 担当職員

高年齢者出張職業相談 11日(水)・25日(水)13時30分~17時(受付終了16時30分)

                   勤労市民センター内線77324高齢者職業相談員

※相談はいずれも無料で、シロ抜きの相談は予約制(定員有)です。6月11日(水)・26日(木)の法律相談、人権相談、住まいの相談、登記測量相談、行政書士相談、宅地建物相談、犯罪被害者相談は5月9日(金)から予約を受け付けます。なお、人権相談は電話での相談も可能です。

 

 ========================================

健康ぷらっと

========================================

働き盛りの健康づくりセミナー

5月23日(金)9時30分~12時

内容 自分にあった食事量・バランスについて学び、簡単な調理実習を行います。

場所 健康ぷらっと

持ち物 筆記用具・電卓・エプロン・三角巾・手ふきタオル・食材料費(500円程度)

※21日(水)までにお電話で申し込みください。

健康相談日のお知らせ

健康ぷらっと

5月30日(金)9時30分~11時30分

6月27日(金)13時30分~15時30分

初声市民センター

5月12日(月)9時30分~11時30分

内容

健康測定、健康相談、各種健診・健診の案内

歯科相談(5月12日のみ)

栄養相談(5月30日・6月27日)

骨密度測定は「健康ぷらっと」のみで実施します。

ミニミニ健康ですね情報

5月31日は世界禁煙デー

5月31日から1週間、6月6日までは、WHO(世界保健機関)の定める禁煙週間となっています。健康ぷらっとでは、健康相談日に、スモーカ―ライザー(呼気中一酸化炭素濃度測定器)で、喫煙の体への影響を図ることができます。また、禁煙ノート付パンフレットも配布しています。この機会に、禁煙を始めてみませんか。

健康相談日については、上記参照

 

歩っぽの会 参加者大募集!

かえってきました三浦の七福神めぐり!

生活習慣病の予防を目的としたウォーキング教室です。

休憩を含めて約2時間ウォーキングします。

意外と歩けちゃいますよ

日にち コース 集合・解散

5 月22 日 ★油壷 健康ぷらっと

6 月26日 ★妙音寺 健康ぷらっと

7 月24日 ★三崎 青少年会館

8 月28日 ウォーキング講座 潮風アリーナ

9 月25日 ♪お楽しみ♪ 健康ぷらっと

10月23日 ★金田 健康ぷらっと

11月27 日 ★黒崎の鼻 初声市民センター

12月18日 ★毘沙門 健康ぷらっと

1 月22日 城ケ島 青少年会館

2 月26日 小松ヶ池 南下浦市民センター

3 月26日 修了式・合同庁舎周辺 健康ぷらっと

:「みうら観光ボランティアガイド協会」のスタッフが同行。

・★:1年を通して、七福神をまわります。

対象:三浦市民で64歳以下の方 

日程:月1回(木)9時20分から正午過ぎ

(3月は9時10分、5月以降の初参加者は9時10分に集合)

持ち物:水分・タオル・帽子・筆記用具・個人ノート(初回配布)

運動しやすい服装・靴でお越しください。

※予約不要です(8月の講座のみ要予約)

※雨天決行です。8月以外の月は、当日8時30分の天候で判断し、雨天時、屋外でのウォーキングを中止とします。

 その際、コースの資料や地図の配布、ストレッチや簡単な運動などを行います(約1時間)。集合場所が健康ぷらっとの日は、体組成計測定も行うことができます。

お待ちしています♪

胃がんリスク検診を受診する方へ

過去に、三浦市胃がんリスク健診を受けた方は、平成26年度受診できません。もし受診された場合は、全額自己負担となりますのでご注意ください。胃がんリスク健診を受信された方の今後の受診方法は下記の通りです。

 

A判定…5年後に胃がんリスク検診をお受け下さい。

B判定 C判定 D判定

今後、胃がんリスク検診は受診出来ません。

精密検査を受け、その後は定期的に内視鏡検査をお受け下さい。

路上喫煙の煙で、周囲の方が迷惑しています。周囲への配慮をお願いいたします。

 

========================================

図書館だより

========================================

図書館に、次の新しい本が入りました。

【図書館本館:青少年会館内】

幸せをつかむ気づき暦(木村 藤子)HUG!friends(丹葉 暁弥)約束の海(山崎 豊子)怒り上・下(吉田 修一)武器より一冊の本をください(ヴィヴィアナ・マッツア)ほか

【南下浦分館:南下浦市民センター内】

小川 洋子の陶酔短篇箱(小川 洋子)天切り松闇がたり 第5巻(浅田 次郎)一千兆円の身代金(八木 圭一)小学生までに読んでおきたい文学3 こわい話(松田 哲夫)あみだだだ(谷川 俊太郎)ほか

【初声分館:初声市民センター内】

ミッドナイト・バス(伊吹 有喜)山桜記(葉室麟)梨園の娘(東 芙美子)男性論(ヤマザキ マリ)かぐや姫の物語(高畑 勲)ほか

【休館日】5月は、3日~6日・12日・19日・26日・31日です。

6月は、2日・9日・16日・23日・30日です。

問合せ 図書館(内線415)

 

========================================

5月下旬6月上旬の三浦市民ホールの催事(株)三浦海業公社(881—6721)

========================================

日  曜日   開演時間  催事(内容)    入場方法   問合せ先

5/18 日 10: 00 Musica Soave音楽教室発表会 入場無料Musica Soave音楽教室

876-5006

6/1 日 14:00 新鸞聖人750回御遠忌讚仰・来福寺合唱団「鹿の子」20周年記念コンサート 入場無料 来福寺合唱団「鹿の子」888-2490(和田)

6/8 日 14:00 三浦市歯のフェスティバル 入場無料 三浦市保健福祉部健康づくり課

内線369

 

*5月の休館日7日、12日、19日、26日、6月の休館日 2日、9日、16日、23日、30日

*時間、内容などが変更になる場合があります。詳細はそれぞれの主催者へ直接お問い合わせください。

*お願い:駐車場が少ないので来館の際には、なるべく電車・バスをご利用ください。

 

 ========================================

『傾聴ボランティア養成講座』受講者募集

========================================

高齢者の方のお宅や施設を訪問してお話を聴く、「傾聴ボランティア」を養成します。

「傾聴」とは、相手の話に耳を傾け、心をくみ取りながら寄り添うもので、相手の孤独感や不安感を減らす

ことにつながります。

この講座を受講して、ぜひ皆さんも「社会貢献」をしてみませんか?

講  師:カウンセリングルーム アクセプタンス  カウンセラー 白石邦明先生

対  象:三浦市民で、64歳以下の方(全日程、受講できる方)

定  員:20人(要予約、先着順)

参 加 費:無料(*ただし、認知症サポーター養成講座受講の場合は、テキスト代として

100円を負担していただきます。)

申込締切:6月20日(金)

【内 容】

1日目6月27日(金)14時~ 16時青少年会館3階会合室

○傾聴について、傾聴と会話の違いについて

○福祉・ボランティア活動について

2日目

7月 4日(金)

14時~16時

青少年会館

3階会合室

○傾聴の重要性、心を癒すことについて

○傾聴の技術と練習

○認知症サポーター養成講座(*未受講者のみ16時から 1時間程度)

3日目7月 11日(金)

*午前または午後の1時間市内介護施設○傾聴の実際

*詳しくは、後日お知らせします。

4日目7月 18日(金)

14時~ 16時

青少年会館

3階会合室実習フォローアップ研修

問合せ・申込み 高齢介護課(内線363・364)

 

========================================

「はじめまして」

========================================

皆さんこんにちは。三浦市立病院リハビリテーション科の鈴木です。

早いもので、私が三浦市立病院に勤務するようになって1年以上が過ぎました。春・夏・秋は比較的穏やかな気候だと感じていましたが、冬には珍しく二度も大雪が降り、驚いた

のは私だけではないのではないでしょうか。

私は、現在は横須賀に住んでいますが、出身地は茅ケ崎です。茅ケ崎と三浦の共通点はやはり海だと思います。茅ケ崎では今の時期はしらす漁が解禁されており、釜揚げしらすのみでなく、生しらすやしらすの天ぷらなどが食べられます。海岸沿いにはお店も多いので、近くへ行った際にはぜひ召し上がってみてください。

さて、話は変わりますが、皆さんは『リハビリテーション』という言葉の意味をご存知ですか?リハビリというと、「とにかく頑張る、辛い、痛い」といったイメージを持って

いる方もいるかもしれません。しかしそもそもの意味はRehabilitationの「re」が「再び、戻す」、「habilis」が「適した、ふさわしい」を表しています。「再び適した状態に戻る事」つまり、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」を意味しています。病気や怪我に対しての訓練のみでなく、よりよい人生を送るために支援を行っていくすべての活動が『リハビリテーション』という言葉には含まれています。

そのため、予防の観点から日ごろの生活に運動を取り入れることも、 重要なリハビリテーションのひとつであると考えられています。

読んでくれた皆さん、まずできる運動をしてみて、リハビリテーションを始めてみませんか。

 

 ========================================

脳ドック実施中です!

========================================

当院では、脳の疾患の早期発見と疾患予防管理のための脳ドックを実施しております。

脳の健康管理のためにぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

≪検査内容 ≫頭部MRI・MRAと頚動脈超音波検査

≪検査日時 ≫月曜日~金曜日の11時30分からと16時から(2人でのお申込は16時のみ)

≪検査料 ≫15,580円(税込み)

≪申込方法 ≫事前に予約が必要です。ご来院の際、総合受付にお申出いただくか、平日8時30分~17時の間に下記連絡先までご連絡ください。

申込時にMRI検査の適合を確認する問診を行いますのでご協力ください。

※検査日時がご希望にそえない場合もございます。ご了承ください。

※三浦市外の方でも受診できます。まずはご連絡ください。

申込み・問合せ 市立病院 事務局医事課(882-2111 内線5119)

 

 ========================================

感染症予防のため予防接種を受けましょう

========================================

下記一覧と母子健康手帳をよくご確認の上、早めに摂取しましょう!

予防接種法改正に伴い、平成26年より以下の点が変更となりました

ヒブ、肺炎球菌の接種回数などが見直されました

同一ワクチンの接種間隔が緩和されました

 

種類  接種回数   対象

BCG 1回 生後5カ月~1歳に至るまでの間(1歳のお誕生日の前日まで)標準的年齢生後5カ月~8カ月

四種混合(ジフテリア 百石せき 破傷風 不活化ポリオ) 1期初回 20日以上の間隔で3回 1期追加 6カ月以上の間隔をあけて1回 生後3~90カ月至るまで 標準的年齢

1期追加 初回接種終了後12~18カ月の間隔

二種混合(ジフテリア 破傷風) 1回 11~13最未満標準的年齢11歳(13歳のお誕生日の前日まで) 

MR 1期1回 2期1回 1期 生後12~24カ月に至るまで(2歳のお誕生日の前日まで)

       2期 年長児に相当する年齢

日本脳炎 1期初回 6日以上の間隔で2回 1期追加 1回 2期 1回 1期初回 生後6~90カ月に至るまで【標準的年齢3歳・6~28日の間隔】1期追加 1回 生後6~90カ月に至るまでに1期初回終了後、6カ月以上の間隔(おおむね1年を経過した時期)をおいてに1回【標準的年齢4歳に達した時から5歳に達するまで】

     2期 9~13歳未満 【標準的年齢9歳】

※3歳児および小学校3・4年生・高校3年生に積極的にお勧めしています。

※特例対象者 H7.4.2からH19.4.1に生まれた方(20歳未満の間に限る。)

標準パターン 対象 接種開始年齢が2~7カ月未満の場合(接種開始年齢によって回数がちがいます詳細はお問い合わせください)

ヒブ 0歳に3回接種 1歳に追加1回 2カ月~5歳に至るまで(5歳の誕生日まで)   初回接種 27日3回【標準的には56日までの間隔】

追加接種 初回接種に係る最後の注射終了後7月以上おいて1回【標準的には13月までの間隔】

※ただし、初回2回目及び3回目の接種は、生後12月に至るまでに行うこと(追加接種は可能)

肺炎球菌 0歳に3回 接種1歳に追加 2カ月~5歳に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)初回接種 標準的には生後12カ月までに27日以上の間隔をおいて3回

追加接種 生後12カ月から生後15カ月を標準的な接種期間として、初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12月に至った日以降において1回

※ただし、初回2回目および3回目の接種は生後24カ月に至るまでに行うこと(追加接種は実施可能)また初回2回目の接種が生後12カ月を超えた場合、初回3回目の接種は行わないこと(追加接種は実施可能)

問合せ 子ども課(内線338・367)

 

========================================

義援シャツを購入して被災地支援!

========================================

 今年も、東日本大震災の被災地支援、夏のクールビズによる節電対策等を目的として義援シャツを販売いたします。

 この取組みでは、義援シャツを1枚購入するごとに、義援金500 円が被災地の南三陸町に寄付されます。

南三陸町と三浦市は、古くから港町としての絆で結ばれており、被災直後より、市民からの物資支援や市職員派遣による行政支援が継続して行われています。

【品  物】ポロシャツ、ボタンダウンポロシャツ、Tシャツ、ボタンダウンシャツ(三浦ツナ之介のロゴ入り) ※Tシャツは、子供用サイズ(90~160cm)も取り扱っています。

【申込期間】第1次締切 5月20日(6月上旬納品予定)

【申込場所】三浦商工会議所(事務局)、販売店(ギフト&ファッションマリー、メンズやなぎや)

【問 合 せ】義援シャツ購入についての詳細は、三浦商工会議所

      URL: http://www.miura-cci.com をご参照ください。

      三浦商工会議所 881—5111

 

 ========================================

住宅用火災警報器

========================================

現在全ての住宅において住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

もう取付けましたか?

訪問販売等にご注意ください

■天井に取付ける場合■壁取け場■エアコン等がある場合

に付る合どこに取付けたらいいの?

※台所に設置する熱式の場合は0.4m以上

原則として煙式を設置しますが台所等火災以外で煙を感知するおそれがある場合は熱式を設置する

ことができます。

全国で義務化に便乗した不正訪問販売等の悪徳商法事案が、発生しています。

住宅用火災警報器を高額請求する販売業者がいますのでご注意ください。

消防本部・消防署では住宅用火災警報器・消火器などの斡旋は一切行っておりません。

また国の技術基準に適合することを証明する「NSマーク」若しくは「検定マーク」が付いたものを購入してください。

問合せ 消防本部予防課(882-0119)

 

========================================

65歳以上の方限定! いきいきシニア講座パート1初夏を彩る文字アート

========================================

アートセラピーとは、言葉以外の様々な表現を通して、「こころに癒しとリラックス効果をもたらす」方法です。上手に作ることが目的ではなく、身近な素材を使って自由に作品づくりを楽しんでいただけます。何ができるかは、当日のお楽しみ。

自分のことがもっと好きになる、そんな素敵なひと時をぜひ体験してみてくださいね。

講師 アートセラピー横浜 アートセラピー・カウンセラー

内山 美香 先生(外資系金融機関での勤務を経て、2007年「アートセラピー横浜」を設立 アートセラピー講座の開催や個人カウンセリングなどで活躍中の方です

日時 平成26年5月30日(金)

会場 南下浦市民センター 2階 講堂

対象 65歳以上の三浦市民で、介助なしで参加できる方(要予約、先着20人)

内容 色紙やビーズなどの素材を使って作品を作ります。

   その後、出来上がった作品を通して自分自身の理解を深め、こころのリラックスを図ります。出来上がった作品は、お持ち帰りいただけます。

持ち物 筆記用具 参加費 300円(材料費)

申込み・問合せ 高齢介護課(内線363・364)

 

 ========================================

市民討議会開催のお知らせ

市の将来について話し合ってみませんか!!

========================================

市民討議会は市民20歳~50歳の男女合計2000人を無作為抽出し、応募された方が集まり、まちづくりに関するテーマを話し合い、意見を集約してまちづくりに活かす新たな住民自治手法です。皆さんが普段の考えを活かす場ですので、無作為抽出で選ばれて参加依頼書の届いた方は、ぜひご参加ください。

日時 6月24日(火)19時~21時30分(受付18時30分~)

場所 三崎フィッシャリーナ・ウォーフ(うらり)

対象者 参加依頼書が届き申請した方で参加決定書の届いた本人のみ

テーマ ①人口増加するには ②投票率向上するには

問合せ 三浦市民討議会2014実行委員会 公益社団法人三浦青年会議所(三浦商工会議所内881—5111)市市民協働課(内線315)

申込み・問合せ 

市民協働課(内線315)

 

========================================

ミニ洋らん展「サークル蘭」

========================================

花の季節が訪れました。

デンドロビュウムを中心にミニらん展を開きます。

日時 5月24日9時~17時

5月25日9時~16時

場所 南下浦市民センター 2階講義室 

問合せ 南下浦市民センター(888-0040)

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る