トップページ > くらしの案内 > 防災・防犯・安心安全 > 消費生活 > 暖房器具などでの子どものやけど、けがに気を付けましょう

ここから本文です。

更新日:2016年11月29日

暖房器具などでの子どものやけど、けがに気を付けましょう

  • 消費者庁には、暖房器具などによる6歳以下の子供の事故情報が357件寄せられており、その約7割に当たる240件がやけどの事故でした。
  • 事故は11月から増え始め、12月、1月がピークとなっています。
  • 特に事故情報が多かった、ストーブやヒーター、こたつ、加湿器、湯たんぽやあんかの4製品群のそれぞれについて、事故を防ぐための注意点をお知らせします。
  • 事故の中には、自宅ではなく祖父母宅などの、環境が通常とは異なる外出先で発生したものもありました。
  • 自宅では使用しておらず使い慣れていない製品の危険性については、保護者にとっても認識しづらいものです。
  • また、子どもは好奇心が旺盛で、見たことのない製品があれば触りたがることも考えられます。
  • お正月の帰省などで自宅以外に滞在することが増える時期でもありますので、特に注意しましょう。

 

  • 詳しくは、消費者庁ニュースリリースをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る