トップページ > くらしの案内 > 防災・防犯・安心安全 > 消費生活 > 有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする事業者に注意

ここから本文です。

更新日:2017年3月10日

有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする事業者に注意

  • 消費者の携帯電話に

「有料コンテンツ利用料金の支払確認が取れません。本日中に連絡なき場合、訴訟手続きに移行します。」

などと記載したSMSを送付し、そのSMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に

「今日中に支払えば訴訟手続を取り下げます。」

などと告げ、有料動画サイトの未払料金等の名目で金銭を支払わせようとする事業者に係る相談が、各地の消費生活センターなどに寄せられています。

  • 消費者庁と東京都が調査したところ、「DMM」などと称する「株式会社DMM.comをかたる事業者」(以下「偽DMM」と総称します。)との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(消費者を欺き、又は威迫して困惑させること)が確認されました。
  • 同名または類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

注意すること

  • DMMの未払料金を支払えというのは詐欺の手口です。

 

  • 「本日中に連絡がなければ訴訟に移行します。」というメールは典型的な詐欺の手口です。

絶対に連絡しないようにしましょう。相手を脅かし、せき立てて冷静な判断力を失わせようという典型的な詐欺の手口です。

 

  • ギフト券を購入してカード番号を連絡しろというのは典型的な詐欺の手口です。

絶対に応じないようにしましょう。

 

  • このような取引に関して不審な点があった場合は、お金を借りる前や支払う前に、消費生活相談窓口や警察に相談しましょう。

 

  • アマゾンや楽天のギフト券は、それぞれの通販サイトや提携する加盟店での買物に使用するためのものであり、規約等において転売等が禁止されています。転売サイト等を通じた転売が行われている実態がありますが、転売されているギフト券の中には詐欺等により不正取得されたものも含まれています。アマゾンや楽天のウェブサイトでは、転売サイト等を通じて購入したギフト券やその番号が予告なく使用できなくなる場合があるとして、転売サイト等からギフト券やその番号を購入しないよう呼びかけています。詳細は各社のウェブサイト、利用規約等を御確認ください。

 

  • 詳しくは、消費者庁のニュースリリースをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る