トップページ > くらしの案内 > 教育・文化・スポーツ > 海洋教育について

ここから本文です。

海洋教育について

写真「秋空と海」(三浦市長浜海岸)平成25年度海洋教育写真コンテスト最優秀作品より

三浦の子どもたちにとって「海について学ぶ」ことは、「地域を見つめ学ぶ」ことにつながる

   三浦市は、東は東京湾、南は太平洋、西は相模湾と、3方を海で囲まれ、砂浜や磯浜、干潟など変化に富んだ約43kmの海岸線が続いています。また、水産業が基幹産業の一つであり、海洋に関する事業所も多く存在し、人との関わりも含めて海洋教育を推進する上で恵まれた町です。そして何よりも、市内全ての小・中学校の学区が海に面しています。

 三浦市では、『みうら学・海洋教育研究所』や『東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所(以下、東京大学三崎臨海実験所)』と連携して、三浦の特色である「海」と直接関わる学習〈体験学習〉の中で、「学ぶことの意義」を実感させ、「確かな学力」を身に付ける手段として海洋教育を推進しています。

 三浦の子どもたちにとって、「海について学ぶ」ことは、三浦の自然、歴史、文化、産業など、「地域の総合的・発展的な学び」となり、「郷土を愛し誇りをもつ、子どもの育成」につながると考えています。

 

Q.海洋教育って、どんなことをするのですか?

kaiyoukyouiku-naiyou

                                                                                       海洋教育とは(PDF:167KB)

Q.三浦市の環境は?

kaiyoukyouiku-kannkyou

 東京大学三崎臨海実験所との連携  みうら学・海洋教育研究所との連携     東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターとの連携

Q.どのような活動をしているのですか?

 kaiyoukyouiku-katudou

                                            海洋教育開発教材 各学校の実践                     海洋教育写真コンテスト

Q.どんな子どもたちが育つのですか?

 kaiyoukyouiku-kodomo

 

問い合わせ先

三浦市教育研究所

電話番号

046-882-1111(内404)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る