トップページ > 産業・まちづくり > 産業 > 農業 > 農業委員会事務局 > 各種証明

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

各種証明

〇農業委員会では、下記の証明書を発行しています。

手数料は全て1通につき300円です。

代理人が申請する場合は、必ず委任状を添付してください。

なお、全ての申請には認め印が必要です。

名称

内容

主な用途

証明書発行までに

かかる時間

申請に必要な書類等

 

引き続き農業経営を

行っている旨証明

一定期間農地として引き続き使用していることを

証明するもの。

相続税の納税猶予を受けている場合で、

継続届出書の提出をする場合

即日

認印

 

農地転用届出受理済

証明書

昭和46年度〔昭和46年4月1日〕以降に、

街化区域内農地転用届が受理されている

ことを証明するもの。

昭和45年度〔昭和46年3月31日〕以前の

転用行為は、全て許可であるため、受理済証明書は

発行出来ません。

地目変更登記

即日

認印

 

農地転用許可

証明書

過去に転用許可を受けたことを証明するもの。

地目変更登記

即日

認印

 

あっせん証明書

農業委員会のあっせんで農地を売買した人が、

不動産取得税の減額、

譲渡所得税の控除を受けるときに必要な書類。

確定申告

即日

土地売買契約書の(写し)

認印

 

耕作証明書

農地台帳に基づき、その世帯で経営している

全耕作地の面積証明するもの。

農家住宅・分家住宅の建築時、

農地法3条利用して市外の

農地を取得する場合等

即日

認印

 

自作地証明書

融資等の際に、対象農地が自己所有であり、

農地法に基づく所有権移転及び賃借権などの

権利設定を行っていないことを証明するもの。

融資を受ける場合等

即日

認印

 

適格者証明書

公売にかけられた農地を取得しようとする場合、

入札資格があることを証明するもの。

相続税の納税猶予を受けようとする場合に、

税務署へ申告する際適格者であることを

証明するもの。

農地の取得目的で公売物件に入札しようとする場合

相続税の納税猶予を受ける場合

毎月10日締め切り総会後

認印

目的、用途により

申書類、添付書類は

異なますので、

業委員会事務務局へ

お問い合わせください。

 

非農地証明

土地登記簿上の地目が農地(田・畑)で、

その現状が農地以外

 

毎月10日締め切りの総会後

認印

必要書類、適用要件等は

こちら(エクセル:105KB)を参照ください。

 

 

 

お問い合わせ

部署名:農業委員会事務局

電話番号:046-882-1111 内線77430

ファックス番号:046-881-3460

Eメール:noui01@city.miura.kanagawa.jp
所在地:郵便番号238-0243
    三浦市三崎5丁目245-7
    三崎水産物地方卸売市場 3階

ページの先頭へ戻る