トップページ > くらしの案内 > 無料相談 > 人権相談

ここから本文です。

更新日:2021年12月10日

人権相談

新型コロナウイルス感染症に関連してー不当な差別や偏見をなくしましょうー

新型コロナウイルス感染症に関連した不当な差別、偏見、いじめ等は絶対にあってはなりません。

新型コロナウイルスに感染した方やご家族、後遺症に苦しんでいる方、濃厚接触者、治療にあたっている医療スタッフとそのご家族などへ不当な差別、偏見、いじめ、SNSでの誹謗中傷などを行わないようお願いします。

誰もが感染者、濃厚接触者となる可能性があります。

不確かな情報や誤った認識から人権侵害につながることのないように正確な情報を入手するよう努めていただき、冷静な行動とお互いに相手のことを思いやる気持ちを持って接していただきますようお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関連した差別や偏見でお悩みの方は、まずは人権相談窓口にお話ください。

人権相談窓口のご案内

差別、嫌がらせ、誹謗中傷、各種ハラスメント、プライバシー侵害、家庭問題、近隣とのもめごとなどでお困りの方は、「人権相談」にご相談ください。いじめや虐待を見たり聞いたりした情報提供でも構いません。法務局職員または人権擁護委員が相談に応じます。

相談内容により助言や専門的な機関を紹介したり、相手方との関係を調整をします。また、事案に応じて救済手続きを開始することもあります。

つらいこと、お困りごと、まずはお話ください。

電話相談

おかけになった場所の最寄りの法務局、地方法務局に電話がつながります。

受付時間はいずれも平日8時30分~17時15分。

  • みんなの人権110番(人権相談全般について)全国共通:0570-003-110
  • 子どもの人権110番(いじめ、虐待など子どもに関する人権について)フリーダイヤル:0120-007-110
  • 女性の人権ホットライン(各種ハラスメント、DVなど女性に関する人権について)全国共通:0570-070-810

インターネットによる人権相談受付

相談フォームに必要事項を入力して送信すると、最寄りの法務局から後日、メール、電話または面談により回答があります。

The human rights counseling in foreign languages.(外国語人権相談)

手紙、来所による面談相談(横浜地方法務局横須賀支局)

横浜地方法務局横須賀支局では手紙及び来所による面談相談(予約制)を受け付けています。

6月・12月の特設人権相談所(三浦市役所)

6月「人権擁護委員の日」と12月「人権週間」にちなみ、三浦市役所にて三浦市人権擁護委員による特設人権相談所(予約制)を開設します。

開設日などは下記「お問い合わせ」までご連絡ください。

関連ホームページ

お問い合わせ

部署名:市民部市民サービス課お客様センター担当

電話番号:046-882-1111内線319

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:shiminkyodo0302@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る