トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > ハチの巣の駆除について > スズメバチの巣の駆除について

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

スズメバチの巣の駆除について

市ではハチの巣の駆除は行いませんので、専門業者などに依頼することをお勧めします。

  ハチが人を襲うのは、巣を守ろうとする本能によるものといわれています。むやみに巣に近づいたりしなければ襲われることはほとんどないそうですが、スズメバチは特に攻撃性・毒性が強く、刺されると危険な状況に陥る場合があります。(アレルギー抗体反応により死に至る場合もあります。)

 
下のような巣を発見したら、いたずらしない、近づかない、周囲で騒がない!
 → 駆除等に関しては下記担当までご相談ください。


スズメバチの巣


問合せ:市民サービス課お客様センター担当 
          電話(882)1111 内線319 
 
**********************************************************************

スズメバチの被害にあわないための注意事項

  スズメバチは、主に夏から秋にかけて活発に動き回ります。農作業や野外活動を行う際は、スズメバチに遭遇する危険性のあることを念頭において行動しましょう。また、緊急事態に備えて、市販の殺虫スプレーや抗ヒスタミン剤を含むステロイド軟膏を携帯するとよいでしょう。

スズメバチに遭遇した際の注意事項

  • 軒下など日常活動の範囲にスズメバチの巣があるような場合には、巣の近くで大声を出したり、強い振動を与えたりしないように注意しましょう。
  • スズメバチは「黒色」を攻撃する性質があるので、白っぽい服装のほうが危険度は低く、ヒラヒラするものや純毛製のもの、香水やヘアスプレー、虫除けの超音波発信機などは、ハチを刺激するので避けましょう。
  • 野外活動中にスズメバチに遭遇したら、手やタオルで払うことはしないで、頭を隠し姿勢を低くして、ゆっくりその場を離れましょう。
  • 室内に入った時は、明るい方の窓を開けハチが出るのを待ちます。

スズメバチに刺された時の処置

  1. 傷口から血がにじむまで毒を搾り出し、水で洗い流します。
  2. 水が無い時は、口で毒を吸出し、患部を冷やします。
  3. 直ちに病院で診察を受けます。

お問い合わせ

部署名:市民部市民サービス課お客様センター担当

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る