トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 第4次三浦市総合計画 > 総合計画書(基本構想・基本計画)

ここから本文です。

更新日:2017年10月4日

総合計画書(基本構想・基本計画)

人・まち・自然の鼓動を感じる都市みうら

第4次三浦市総合計画は平成13年度からスタートしました。

第4次三浦市総合計画の特徴

三浦市が克服すべき固有の問題点を明確に示し、その課題に即応する政策目標別施策体系を構築しました。
政策目標別施策体系の4つのメリットとは・・・

  • 縦割の取り組みによる無駄の排除
  • 政策効果(アウトカム)志向の明確化(執行すれば、それでよいのではなく、効果をもたらしてはじめて政策が評価されるという志向)
  • 縦割行政で生じる隙間の解消と、異分野間の共同の取り組みによる相乗効果の獲得
  • 固有の課題からの発想の定着

政策の内容以上に、行政改革を重視しました。

  • どのようにすばらしい政策も、それを推進する体制、とりわけ行政の体制がしっかりしていなければ、効果をもたらし得ない、という発想を明示しました。
  • 市民を対等なパートナーとして位置づけ、その役割を明示しました。

行政革命とでもいうべき改革の内容のポイントは以下の3点です。

  • 行政がまちづくりを進める主体である、という発想から、市民と行政がともに進めるという発想に転換し、市民にも相応の役割分担を求めたこと。(市民協働志向の徹底)
  • 「何が、どのように執行されたか」にとどまらず、「執行された政策が、どのような効果(市民生活、地域経済への貢献)をもたらしたか、までを対象とした政策評価の導入意思を明示。評価視点を明示したこと。(アウトカム志向の徹底)
  • 分野別政策体系から、政策目標別体系への転換、それに伴う組織機構の再編、事務分掌の再編を明示したこと。(政策表明の徹底)

職員参加志向の徹底を重視しました。

  • 総合計画は、職員に周知徹底され、日頃の業務方針としてまた、行動規範としてまた、教材として重視され、活用されなければなりません。
    そのために、策定そのものに積極的な職員参加を導入しました。

行財政改革の徹底を重視しました。

将来、次の3つの力と2つの仕組みを備えた市役所の実現を目標としました。創造力・経営力・機動力という3つの力と、開かれた市役所・広域連携する市役所という2つのしくみをしっかりと備えているようにする。これにより、最小の費用で、最大の市民満足を得ることのできる市役所を実現しています。

基本構想抜粋

三浦市は、2025年の将来像を次のとおり定めます。

人・まち・自然の鼓動を感じる都市みうら

「人」の鼓動を感じる都市

三浦市には、様々な人々が様々な生活や仕事を営んでおり、多種多様な知恵と力にあふれています。三浦市にとって一人ひとりの市民の知恵と力は何よりも大切な財産となっています。

三浦市民は、それぞれの持つ知恵と力を惜しみなく発揮し、お互いに同じ都市で暮らし、営む仲間として協力し合うことで、住み心地のよい、生き生きとした生活環境を自ら創り出しています。

「まち」の鼓動を感じる都市

三浦市民の精力的な取り組みによって、市内のあちらこちらに、人々の元気な声に満ちた、便利でにぎやかなまちができています。

まちはいずれも、それぞれの地域や住民の特色を映し出した、個性的な雰囲気を醸し出しています。そして、市内のまち同士は活発に交流し、人と組織の縁を広げています。

「自然」の鼓動を感じる都市

三浦市は、青い海と緑の大地がもたらす自然の恵み、そして、広々とした空間と、美しい景観をもつ都市として首都圏の人々を魅了しています。

三浦市民は、こうした自然の恩恵を人々の活発な交流と都市の成長に欠かせない舞台装置として活かすことで、自然を満喫できる回遊空間とやすらぎのある住まいを創り出しています。

三浦市は、「人・まち・自然の鼓動を感じる都市みうら」の達成に向けて、次の3つをまちづくりの目標とします。

一体感のある都市をめざして~心を合わせる

三浦市内に住み、働く一人ひとり、それぞれの地域と地域がお互いの個性や価値観を尊重し合いながら、同じ三浦市民としてまちづくりの目標を共有し、その目標に向かって共に支え合い、その成果を共に享受する一体感のある都市をめざします。

もてなしの心をもつ都市をめざして~交流を育む

通勤や通学・買い物・観光・流通・商談や会議・企業進出・静養・リゾート居住など様々なかたちで市外から訪れる人々や組織、入ってくるモノ、情報を心から歓迎し、交流を深めることで市民自らも豊かさを享受できるもてなしの心をもつ都市をめざします。

住み心地のよい都市をめざして~暮らしを支える

市内で働いたり学んだりしている人も、市外に働きに出たり通学したりしている人も、また、一旦は市外に転出した人も、「このままずっと」あるいは「いつかはきっと」、三浦市で暮らしたい、三浦市で子どもを育てたい、三浦市で余生を過ごしたい、三浦市で三世代がともに暮らしたい、と思えるような住み心地のよい都市をめざします。

 

第4次三浦市総合計画「三浦ニュープラン21」ダウンロード

表紙

表紙、目次、序論のダウンロード(PDF:694KB)

目次
新しい総合計画の策定にあたって
基本構想

基本構想ダウンロード(PDF:1,122KB)

第1章三浦市の将来像

第2章まちづくりの推進に向けて

第3章まちづくりの基本条件

第4章まちづくりの目標(施策大綱)

基本計画

基本計画1章、2章ダウンロード(PDF:1,103KB)

第1章目標年次

第2章2010年の計画目標

1人口・世帯

2地域経済

3都市構造

第3章計画の推進に向けて

基本計画3章、4章ダウンロード(PDF:2,458KB)

第4章まちづくり政策

1一体感のある都市をめざして~心を合わせる

2もてなしの心をもつ都市をめざして~交流を育む

3住み心地のよい都市をめざして~暮らしを支える

資料編

資料編

 

 

総合計画書の製本版及びCD版は、政策課で販売しています。(各1,000円)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る