トップページ > くらしの案内 > 戸籍・住民票 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の概要について

ここから本文です。

更新日:2016年3月18日

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の概要について

マイナンバー制度とは

マイナンバーキャラクター(愛称マイナちゃん)

マイナンバーキャラクター(愛称マイナちゃん)

マイナンバー制度は、複数の機関に存在する特定の個人の情報を同一人のものであることを確認することで、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤です。

平成25年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が公布され、平成27年10月から、住民票を有するすべての方一人一人に、12桁の個人番号(マイナンバー)が通知されます。

平成28年1月からは、社会保障・税・災害対策において、法令で定められた行政手続に利用できます。また、税の申告書や健康保険の加入届などにマイナンバーの記載が必要となります。

マイナンバーは、法律で定められた目的以外での使用、他人への提供が禁じられています。

マイナンバー制度のメリット

マイナンバー制度には、次のメリットがあります。

  • 公平公正な社会の実現

所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細やかな支援を行うことができます。

  • 国民の利便性の向上

各種申請時に必要な添付書類を省略できるようになり、行政手続が簡素化され、国民の利便性が向上します。

  • 行政事務の効率化

行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減され、行政運営の効率化に繋がります。

制度の詳細について

制度の詳細については、内閣官房ホームページをご覧ください。

国へのお問い合わせについて

マイナンバー制度に関する国のコールセンターが設置されています。

  • マイナンバー総合フリーダイヤル0120-95-0178(無料)

平日9時30分~22時00分土日祝9時30分~17時30分(年末年始を除く)

平成28年4月1日以降は平日9時30分~20時00分、土日祝9時30分~17時30分(年末年始を除く)の対応となります。

なお、通知カード、マイナンバーカードの紛失・盗難によるカードの一時利用停止については、同じフリーダイヤルで24時間365日対応します。

詳しくは、内閣官房ホームページにある「お問い合わせ」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

リンク

本市ホームページ

通知カード、個人番号カードの交付について

特定個人情報保護評価について

お問い合わせ

部署名:政策部政策課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る