トップページ > 第63回文化財防火デーについて

ここから本文です。

第63回文化財防火デーについて

平成29年1月26日木曜日は第63回文化財防火デーです。この日は、昭和24年に法隆寺金堂壁画が焼損した日に当たり、貴重な文化財を火災や震災などの災害から守るために、「文化財防火デー」と定められました。三浦市では寳徳寺(三浦市初声町三戸)にて第24回目の消防訓練が三浦市消防本部(署)と三浦市教育委員会合同で行われます。

文化財防火デー(火災防ぎょ訓練)は、貴重な共有財産である文化財保護の関心を高めるとともに地域・住民ぐるみの防火・防災意識を高めるために毎年市内各所にて行われています。

訓練実施に関する詳細は三浦市消防本部警備課(内394)へお問合せください。

 

日時:平成29年1月26日木曜日午前10時より

場所:寳徳寺(三浦市初声町三戸)

消防車が訓練開始時にサイレンを吹鳴して走行しますので、火災と間違わないようにお願いします。

 

光念寺

昨年の訓練の様子です。(平成28年1月26日)

ページの先頭へ戻る