トップページ > くらしの案内 > 教育・文化・スポーツ > 教育支援・補助 > 大学生等に対する教育支援~三浦市奨学金条例に基づく奨学制度~

ここから本文です。

更新日:2019年1月16日

大学生等に対する教育支援~三浦市奨学金条例に基づく奨学制度~

平成31年度新規奨学生の募集について

_shisyogaku_31_top

~平成31年度新規奨学生を募集します~

三浦市奨学金制度は、無利子貸付と、入学時にかかる費用の負担を軽減できるよう入学年次に一時金給付を行います。

 

対象は平成30年度中に高等学校を卒業し、平成31年4月より新たに大学、短期大学、専門学校等に入学する三浦市在住の方です。

願書受付期間は、平成31年3月1日(金曜日)から平成31年3月29日(金曜日)までです。

(願書は、必ず出願者本人が持参してください。)

詳細は、募集要項をご覧ください。

募集要項、奨学生願書(指定様式)及び奨学生推薦調書(指定様式)は、下記リンクからダウンロードできます。

紙での配布を希望される方は、教育総務課(三浦市役所第2分館2階)、南下浦市民センター、初声市民センターにて配布していますのでお越しください。

応募を希望される方は、事前に教育総務課まで電話等でご相談されることをおすすめします。

奨学事業概要

 

奨学生の資格

 

平成31年度入学者を対象とした新規奨学生の場合、次のいずれにも該当することが要件です。

(1)市内に住所を有する者

(2)平成30年度中に高等学校その他教育委員会がこれと同等と認める教育機関を卒業した者

(3)平成31年度新たに対象教育機関における修学(入学)を許可された者

対象教育機関とは、学校教育法に規定する大学、短期大学、専修学校の専門課程、その他教育委員会がこれらと同等と認める教育機関(高等学校専攻科等)のことをいいます。

(4)品行方正で学業成績が優れ、かつ、心身が健全である者

(5)経済的理由により学資の援助を必要とする者

※出願に当たっては、出願する年度の前年(平成30年)における世帯の1年間の所得金額が、所得限度額以内に収まっていることが条件です。

【所得限度額の一例】(収入金額:給与所得者の場合)

3人世帯[父・母・本人(公立高校生)]         3,250,000円(収入金額 約475万円)

3人世帯[父又は母・本人(公立高校生)・中学生]    4,700,000円(収入金額 約655万円)

4人世帯[父・母・本人(公立高校生)・中学生]     3,880,000円(収入金額 約550万円)

所得限度額は、世帯構成や本人・家族の就学状況、その他考慮すべき要件等によっても金額が大きく異なります。実際には、出願時に要件等を確認の上限度額を算出します。限度額は、以下の試算シートでも確認できます。

スマートフォン等により、エクセルをご利用いただけない方は簡易確認シートをご覧ください。

奨学金の額

(給付金)一時金480,000円(限度額・返還不要)

選考に合格した際に、入学時に要した費用を確認できる書類(写し可)を添付した報告書を提出していただきます。

(無利子貸付金)月20,000円(奨学生本人名義の口座あて振り込みます)

奨学金貸付期間

当該対象教育機関における正規の修業期間

募集人数

若干名

※募集人数を上回る応募があり、選考の結果、貸付・給付併用の奨学金を受けられない場合でも、選考上位者から順に若干名(希望者)に対し、貸付けのみ行う予定です。

返還の義務

  • 奨学生は貸付けを受けた奨学金の全額を返還する義務を負います。
  • 返還期間は、貸付期間終了日から1年を経過した日から始まります。
  • 返還方法は、月10,000円ずつの均等払いです(毎月末日までに10,000円を納付)。
  • 奨学金繰上返還申出書を提出することにより、一部又は全額を、一括して返還することができます。
  • 中途退学や辞退等により期間の途中で貸付けを廃止した場合には、速やかに返還を開始していただきます。
  • 給付を受けた奨学金の支給が取り消された場合には、支給された全額を速やかに返還する義務を負います。
連帯保証人の選任
  • 2人の連帯保証人を定めることを要件としています。
  • 連帯保証人は、神奈川県内に在住し、かつ、独立生計を営む成年者でなければなりません。
  • 出願者が未成年である場合、2人の連帯保証人のうち1人は出願者の親権者又は未成年後見人、他の1人はそれら以外の奨学金を返還する資力を有する者(同一世帯の者及び住民税非課税の者は除く)でなければなりません。
  • 連帯保証人は、当該出願者及び当該奨学生と連帯して、奨学金の返還等の債務の履行について責任を負います。
選考方法・結果の通知
  • 奨学生の選考は、学業成績、人物評価及び家計状況をそれぞれ点数化し、これらの総合点をもって行います。ただし、特に必要があると認めるときは、その他の事情を総合点に加味する場合があります。
  • 選考の結果は、合否にかかわらず全ての出願者に文書でお知らせします。
その他 その他、記載のない事項については、教育部教育総務課までお尋ねください。

 

過去の実績

直近5年間の新規奨学生採用実績

平成26年度新規奨学生:応募4人、うち採用2人

平成27年度新規奨学生:応募3人、うち採用2人

平成28年度新規奨学生:応募4人、うち採用3人

平成29年度新規奨学生:応募14人、うち採用4人(採用者全員に給付奨学金を支給)

平成30年度新規奨学生:応募11人、うち採用8人(採用者のうち上位4人に対し給付奨学金を支給)

直近5年間の奨学金貸付実績

平成26年度貸付金額:合計2,160,000円(内訳:4年制大学7人、2年制短期大学1人、2年制専門学校1人、計9人)

平成27年度貸付金額:合計2,160,000円(内訳:4年制大学8人、2年制専門学校1人、計9人)

平成28年度貸付金額:合計1,680,000円(内訳:4年制大学6人、4年制専門学校1人、計7人)

平成29年度貸付金額:合計2,400,000円(内訳:4年制大学7人、2年制短期大学2人、4年制専門学校1人、計10人)

平成30年度貸付金額(予定):合計3,860,000円(内訳:4年制大学11人、2年制短期大学2人、4年制専門学校1人、3年制専門学校2人、2年制専門学校1人、計17人)

直近5年間の奨学金給付実績

平成26年度~平成28年度:実績なし(制度実施前)

平成29年度給付金額:合計1,420,000円(対象者4名、1人当たり平均355,000円)

平成30年度給付金額:合計1,195,660円(対象者4名、1人当たり平均298,915円)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:教育部教育総務課 

電話番号:046-882-1111(内線405,406,407)

ファックス番号:046-882-1160

メールアドレス:kyoui0101@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る