トップページ > くらしの案内 > 三浦市水道 > 水道利用加入金について

ここから本文です。

更新日:2017年2月15日

水道利用加入金について

水道利用加入金の目的

水道事業者として、安全な水を安定して供給するために水道施設の整備・拡充を行っています。これは、現在水道を使用している方はもちろん、将来において使用される方のためでもあります。

しかし、水道施設の整備・拡充の費用は水道料金などの収入でまかなわれているため、新しく水を利用される方には「水道利用加入金」として整備・拡充の費用の一部を負担して頂くことで、従来利用されている方との公平を図っています。

水道利用加入金の金額

給水装置を新設する場合や、既設のものを大口径に改造する場合などには、水道メーターの口径に応じた水道利用加入金が必要になります。

水道メーターの口径

水道利用加入金(税込)

20 mm以下

   151,200円

25 mm

   442,800円

40 mm

1,609,200円

50 mm

2,959,200円

75 mm

6,080,400円

(100mm以上の金額はお問い合わせください)

*水道メーターの口径を大きくする場合の水道利用加入金は、新設口径と既設口径の差額となります。

*水道メーターの口径を小さくする場合、新設口径と既設口径の差額について還付等はありません。

*また、例えば「既設で20mmが4件あり、そのうち3件は撤去して残り1件を25mmにする」等の場合、「既設4件の加入金の合計金額604,800円の方が25mmの加入金442,800円より大きいので加入金は不要」ではなく、「口径を変更する対象の既設1件の加入金151,200円と変更後25mmの加入金442,800円との差額291,600円が必要」となります。

水道利用加入金の減免

水道利用加入金は、次の条件をすべて満たしている場合には減免の対象となります。

  • 給水装置工事の申込者が、三浦市に1年以上在住していること
  • 給水装置工事の申込者が、家事用に使用する給水装置であること
  • 給水装置工事の申込みをする時点で、他に給水装置を所有していないこと
  • 口径が20mm以下の水道メーターを使用すること

なお、三浦市内での在住期間は住民票にて確認させて頂きます。そのため、水道利用加入金の減免を希望する場合には、給水装置工事の申込書に住民票を添付してください。

減免後の水道利用加入金の額は、次のとおりです。

水道メーターの口径

水道利用加入金(税込)

20 mm以下

75,600円

 

お問い合わせ

部署名:上下水道部給水課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-881-6307

内線386,388

ページの先頭へ戻る