トップページ > くらしの案内 > 三浦市水道 > 自分でパッキンを交換してみよう

ここから本文です。

更新日:2016年9月28日

自分でパッキンを交換してみよう

「蛇口から、ポタポタ水漏れして困っています…。」

交換方法

蛇口の構造は下図のようになっていますが、道具さえあれば簡単にコマパッキン(水栓ケレップ)の交換ができます。

水道業者に依頼する前に、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コマパッキン(水栓ケレップ)は、給水課・市役所市民課・南下浦市民センターや初声市民センターの窓口にて無料で配布しています。

ただし、レバー式の蛇口などは構造が複雑なので、「三浦市指定給水装置工事事業者」に修理を依頼してください。

(三浦市指定給水装置工事事業者についてはこちら→三浦市指定給水装置工事事業者一覧

 

用意するもの

  • モンキースパナ・ペンチ・ピンセットなど
  • コマパッキン(水栓ケレップ)

交換の手順

1.メーターバルブ(メーターボックス内にあります。)を右にまわして閉めると、水が止まります。

90度回転で閉まる種類と数回転で閉まる種類の2種類があります。

メーターバルブがない場合は、パッキンの交換作業はできません。

宅内漏水等の緊急時にも簡単に水が止められるように、メーターバルブの取付けを推奨しています。

もしメーターバルブが設置されていなければ、メーターバルブが支給される可能性があります。

(メーターバルブの支給についてはこちら→メーターバルブの材料支給について


 

2.蛇口を開けて水が出ないことを確認したら、スピンドルカバーを左に回してはずします。

ただし、このときにもとの配管ごと曲げてしまうことがありますので、注意してください。

 

3.ハンドルを左にまわして全開まであけて、蛇口の頭部を上にはずします。


4.コマパッキンを取り出します。


5.新しいコマパッキンをさし込ます。


6.蛇口の頭部をはめこみます。

はまりにくいときは、2~3回左右にまわしてください。

 

7.ハンドルを右にまわして全閉にしてから3~4回程度戻してから、スピンドルカバーを締め付けます。

ただし、きつく締め過ぎると蛇口がかたくなってしまいますので、注意して下さい。


 

8.メーターバルブを左にまわして通水します。

まわしきったら、少し右に戻してください。

 

 

これでコマパッキン(水栓ケレップ)の交換作業は完了です。

 

お疲れ様でした。

 

お問い合わせ

部署名:上下水道部給水課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-881-6307

内線386,388

ページの先頭へ戻る