トップページ > 市政情報 > 三浦市の財政 > 公債費負担適正化計画

ここから本文です。

更新日:2018年10月3日

公債費負担適正化計画

平成18年度に始まった地方債協議制度では、実質公債費比率(三ヶ年平均)が18%以上となった地方公共団体については、地方債の発行に際し、公債費負担適正化計画を作成することとされています。

本市では、同比率が平成25年度決算において18.4%となったことから、平成26年9月に公債費負担適正化計画を作成し、財政の健全化に向けて取り組んできました。

当初の計画では、平成30年度決算において18%を下回る予定でしたが、取組の成果などもあり、平成29年度決算において17.5%となりましたので、その内容を更新しました。

また、実質公債費比率が18%を下回ったため、地方債の借り入れにあたり県の許可が不要となり、いわゆる地方債許可団体を脱しましたが、依然として厳しい財政状況に変わりはありませんので、引き続き、行財政改革に取り組んでまいります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:政策部財政課 

電話番号:046-882-1111内線233

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:seisaku0301@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る