トップページ > くらしの案内 > 税金・保険・年金 > 税金(課税について) > 固定資産税 > 家屋の評価

ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

家屋の評価

評価の仕組み

再建築価格を基準に下記の計算方法により評価します。

  • 評価額=再建築価格×経年減点補正率×1点当り価額
再建築価格とは 評価の対象となった家屋と同一のものを評価の時点においてその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費です。(在来の家屋については、前年の再建築価格に建築物価の変動割合を乗じた価格)
経年減点補正率とは 家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗の状況等による減価等を率にあらわしたものです。
1点当り価額とは 物価水準及び設計管理費等による補正率を乗じた価額で木造家屋は1.05円、非木造家屋は1.10円です。

お問い合わせ

部署名:総務部税務課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-881-7815

資産税グループ 内線243,247,248
e-mail gyouseikanri0501@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る