ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

更新日:2023年04月11日

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は水にきわめて溶けにくく、沸点が高いなどの物理的な性質を有する主に油状の物質です。熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定していることから、トランスやコンデンサ等の電気機器の絶縁油、熱媒体として使用されていました。
しかし、昭和43年に発生した「カネミ油症事件」により、発ガン性の疑いがあり、皮膚障害を引き起こすことが判明したため、昭和47年に製造中止となりました。

処分期限が迫っています!

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物は、次の処分期間内に、それぞれの処分先で処分しなければなりません。

PCB廃棄物の種類、処分期限
PCB廃棄物の種類 処分期間 処分先
高濃度 安定器、汚染物、3kg未満の小型電気機器等 令和5年3月31日まで

    
中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

北海道PCB廃棄物処理施設

低濃度 低濃度PCB廃棄物 令和9年3月31日まで 無害化処理認定施設等

処分期間内に処分しない場合は、改善命令などの対象になる場合がありますので、早期の処分をお願いします。

また、使用中のPCB使用機器についても、処分期間内に使用を終え、廃棄・処分する必要があります。

産業廃棄物として扱われるPCB廃棄物・PCB使用機器を廃棄する場合において、ご不明な点がございましたら、神奈川県のホームページをご確認いただいたうえで、神奈川県環境農政局環境部資源循環推進課045-210-4151へお問い合わせください。

一般廃棄物として扱われるPCB廃棄物・PCB使用機器を廃棄する場合は令和5年1月10日までに密閉機能のあるドラム缶やペール缶を使用し、PCB廃棄物またはPCBの漏洩が生じない状態としていただいたうえで廃棄物対策課へご連絡ください。

不明な点は廃棄物対策課へお問い合わせください。

JESCOでの処分に当たって、事前登録が必要です。詳しくは、JESCOの登録窓口又はJESCOのホームページをご覧ください。

JESCO登録窓口 03-5765-1935
中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

関連リンク 続きを表示する スクロールすると続きが表示されます

この記事に関するお問い合わせ先

三浦市役所 都市環境部 廃棄物対策課
電話番号:046-882-1111(内線291・299)
ファックス番号:046-881-7172

お問い合わせフォーム

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページの内容は役に立ちましたか